スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
古本を買った

2010-05-23 11:52
昨日、メガネのレンズ替えをしていたのが出来上がり受取りに行った。この間は少し強めのメガネをかけていたので頭痛と肩こり。
その後、時間があったので書店と古本屋を巡回。

ガリア戦記 (講談社学術文庫)ガリア戦記 (講談社学術文庫)
(1994/04/28)
カエサル

商品詳細を見る


わが上司 後藤田正晴―決断するペシミスト (文春文庫)わが上司 後藤田正晴―決断するペシミスト (文春文庫)
(2002/06)
佐々 淳行

商品詳細を見る



中国の禁書 (新潮選書)中国の禁書 (新潮選書)
(1994/09)
章 培恒、

商品詳細を見る


書店にて本の購入時に中公文庫解説目録を貰う。

ショーペンハウエルは著書の中で「読書とは他人にものを考えてもらうことである。一日を多読に費やす勤勉な人間はしだいに自分でものを考える力を失ってゆく」と書いてる。

私は、決して多読ではないので上記の心配はない。しかし自分で考えることも少なくなってきた様な気がする。

近頃、脳があまり動かないようにも感じるんだけど・・・。

動かないというよりは、自分自身で動かせてないような気がする。これは重要な事なんだ。




スポンサーサイト
別窓 | 図書館 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
何処に?

2008-06-22 00:07
プロタゴラス―ソフィストたち (岩波文庫)プロタゴラス―ソフィストたち (岩波文庫)
(1988/09)
プラトン

商品詳細を見る
この本が行方不明になった。

一昨日、胃薬を出しもらうために罹り付けの診療所での待ち時間の間に少しだけ読んでから行方不明になった。診療所にも忘れ物はないようだし・・・。ソクラテス君何処行ったんだ。やっと読む気になったのに。

今日、子供が友達と公園で遊ぶ約束をしているので散歩がてらに本を持って行くことにした。ソクラテス君とは少し色合いの違うこの本を持っていった。
男たちへ―フツウの男をフツウでない男にするための54章 (文春文庫)男たちへ―フツウの男をフツウでない男にするための54章 (文春文庫)
(1993/02)
塩野 七生

商品詳細を見る


著者は「ローマ人の物語」で著名。この本は男性ならパラッとでも目を通すべき。間違いなく読んで損はない。54章の超短編というかエッセイと言うか。著者はかなりのご高齢だが非常に魅力的な女性であることがこの本を読めば解る。女性が読んでも良い。海千山千(ご自身が仰ってる)の魅力ある女性の考え方が解る。

ついでにもう一冊。
一昨日、再読した韓非子(法家)だ。荀子(儒家)に学んだが儒教に対して批判的。韓非の思想は商オウの「法冶主義」と申不害の「術」からなると言われている。韓非も天才の一人、この本も読まねばならない本だと思う。と言うより知っておかなければならない。ただ韓非子には道徳観が無いのではと思いの方もいるだろうが読まねばならないのだ。ただし周りの人に薦めてはならない。愛読書にされてはたまらない。笑

韓非は荀子の下で同じく学んだ秦の宰相になる李斯に落としいれられる・・・。


投資は、厳しい状況が続く。水曜日にショーボンドホールディングス(株)1414を買ったのだけど・・・。
四半期発表を見ていくと売上債権が少し多くなっている。その他モロモロの理由によりCFも悪くなっているが・・・。


別窓 | 図書館 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
本棚を作ってみた

2008-01-03 13:28
明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します

作りかけになってたウェブ上の本棚をここで作成してみた(ただ今作成中)。
投資関係の単行本は、一般的に良いと言われている本を80冊ほど買っていた。あと20冊くらいは毒にも薬にもならない本(うち数冊は毒薬になる本)でおおよそ100冊くらいあった。
デイトレ系やテクニカル系はないけど、あっデイトレードって本は書名で誤解しない様に、それとテクニカル系では投資苑があったな、これは心理的な内容の部分で購入した。あと投資を初めた当時にテクニカル系を2冊ほど買ったかな? テクニカルは読めば読むほど解らんから今はお蔵入りしている。

今回は投資本だけの本棚を作成していたけど、50数冊の登録のとこで本棚の並びが変更できない事に気が付いた・・・適当な順で登録してたので一気にヤル気を無くしてしまった一時中止。「更新」ボタンを使えば多少順を変えれるけど思ったような配置が出来ない。カテゴリーを幾つか作れば出来るけど・・・・・。子供達の相手もしないといけないのでこの辺にしておこう。いつか別のカテゴリーも作成することにした。

投資本だけではなく、歴史本、思想本、子供に読ませたい本、自己啓発本、仕事関係本、文学・小説本などのカテゴリー別に作成していってみようとか?と突然思い立ったけどいつになるか解らんな?


とりあえず投資本だけの作成途中の私の本棚→KONの本棚

別窓 | 図書館 | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
「酔古堂剣掃」

2007-08-30 06:11

投資の方はさえない私だが、最近良書に出会えている。
「酔古堂剣掃」もその一冊です。明末の人・陸紹コウ(王へんに行)が古典の中から名言嘉句を収録した出色の読書録です。私が買った物(古本)は、安岡正篤氏が原本から抜粋して解説している安岡正篤先生生誕百年記念事業委員会版のハードカバー本です。「酔古堂剣掃」は菜根譚」ほど有名ではないが明治の人からは、よく読まれていたようです。安岡氏によれば原本はボリュームがあり「菜根譚」より内容が比較にならないほど豊富だそうです。所有の版より少しボリュームがあり解説有りの版をアマゾンなどで探してみましたが見当たらない。
ま~この様な本は何度も読んで染み込まさなければならないからこれで十分かな。


しかし「酔古堂剣掃」は絶品です。

投資の方は安値で投げ売らないことを心がけている。

別窓 | 図書館 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
本買ったよ

2006-11-25 18:58

アマゾンで本を注文致しました。買って読んでない本が多くあるので最近は本を買っていませんでした。購入ペースに読書量が追いつけません。あきらかに読書量が落ちている・・・。私の場合は速読が得意ではなくキッチリ読まないと読んだ気がしないのがダメなんでしょうね。またパソコンでブログやをここを見たりここを聞いたりしている時間が増えたのも理由の一つだと思う。むしろこちらが原因かもしれません。アマゾンで買ったのはヒルティの幸福論 (第1部) 幸福論 第2部幸福論 第3部とアランの幸福論です。ヒルティ版は、以前読みかけていたのにどこかに紛れ込んでしまい行方不明になったので再度購入となりました。アラン版は、「幸福論」として有名らしいのでこちらもついでに購入しました。しかしアラン版は、文庫本が集英社と岩波書店の2社から出ています。外国の書籍の場合は翻訳によっては、理解し難い文書になっていたりします。私も一度だけ「なんだ~この本は」というのがありました。今回は岩波書店版というブランドにひかれましたが翻訳者がなんとなく経験豊富そうなので集英社版を購しました。しかし「幸福論」といっても、ヘッセ、ラッセル、ダライラマ14世テンジン・ギャッツォ、寺山修司など多数の方が同名の書籍を出しているのには驚きました。今読んでいるのは昨日書店で買ったYouTube完全活用本です。しかしYouTubeは凄い。

投資の方は色々と私自身知らなかった銘柄などを調べていると期待されていながらこの数ヶ月で凄く下げている銘柄が目立ちます。11月初旬より私は様子見が良いのかな?との思いからCPを高くしています。

話は変わるけど任天堂のWiiはコマーシャルを見ていても楽しそうです。あれがDSのようにディスクでなければメガチップスは吹っ飛ぶのに残念。ちなみにメガチップスが再度下げれば買い増しします。メガチップスは任天堂だけを頼りにすることなく頑張っています。参考までに

相変わらずアマゾンのリンクは トップページになってしまいます。なぜ?アフェリエイトが目的ではないのでいいけどリンクされないのが痛い。ヒルティの幸福論(第1部)のみ別の手法でしたけど手間が掛かる・・・。

別窓 | 図書館 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| KONの投資などの日記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。