スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
シェフリン先生

2005-08-29 07:40

以前読んだ本の中から。

米国サンタ・クララ大学のシェフリンは「市場は効率的でないからといって、それは市場に打ち勝つことがたやすいことを意味するわけではない。自分自身の力に頼っても、あるいは教祖の助言に従った場合でも同様である。」と言っています。

覚えておきましょう

行動ファイナンス金融市場と投資家心理のパズル 角田康夫著より

 

行動ファイナンスと投資の心理学―ケースで考える欲望と恐怖の市場行動への影響

スポンサーサイト
別窓 | 今日の一言です | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ウォームビズ

2005-08-27 14:55

環境省がクールビズに続き10月よりウォームビズのキャンペーンを行うそうです。環境省のホームページで確認できなかったのですが、第一生命経済研究所(http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/rashinban_index.html)がレポートを発表しています。

早速、昨日の朝あまり時間が無かったのでざっとですが関連銘柄を見てみました。

クールビズは男性が中心でしたが、ウォームビズは女性と男性が共に関係して期待できそうです。

ナイガイ、ワコール、グンゼ、アツギ、三陽商会などをとりあえずざっと見てみました。(素材メーカーは関連事業も多くてわからないので見ませんでした。)

ウォームビズとなると特に女性に対しウォームビズ対策のインナーウェアー、ストッキング、タイツ、ソックスなど各社発売するのではないかと思います。

三陽商会はバーバリーが有名でおじさんだけでなく若い人(20代の男女)にも人気があります。嫁さんの購読書のVERYでは三陽商会のブランド(エポカなど)をよく見かけるそうです。ただしウォームビズと関連するかどうか疑問です。 また中間決算の発表も良くない内容でしたが株価は下がるどころか上がっています。クールビズによる好感でしょうか?

今月は、本をもう買わないつもりでしたが、また買ってしまいました。

利己的な遺伝子です。何年か前に何かの本で紹介されていたのを、昨日、偶然にも書店で見かけてその時は買わなかったのに帰宅後アマゾンでクリックしてしまいました。

 

 

 

 

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
livedoor ファイナンス

2005-08-25 13:00

以前inatoraさん(だったと思います)がlivedoorファイナンスは良いとブログに記載していたのを思い出し早速昨日見てみると確かにヤフーファイナンスより出来が良い様です。情報量も多いみたいです。

今までヤフーファイナンスを利用していたので少し勝手が違いますが、なれれば間違いなく良いでしょう。ただある銘柄で試してみるとPBRの数値に違いが在るようです。昨日遅かったので確認していないのですが、今日でもなぜ違うのか確認してみます。(誰か調べて頂けないでしょうか?笑)

皆さん一度見てみてください。良いですよ。

なぜこのブログ中で右クリックのコピーが出来ないのでしょうか?ちなみにlivedoorブログです。

 

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
銘柄管理2

2005-08-24 07:07

昨日の銘柄管理については、余りにも基本的なことで誰もが行っている事だと思います。

しかしあえて記載したのは私の場合は自己のPFの管理を主目的としたものでは無く(これも重要ですが) これから投資する銘柄を選択するための監視銘柄PHや各スクリーニング(資産バリュー、収益バリューなど)ごとに抽出された銘柄のPFの動きなどを観察する事を主目的としています。

私の場合監視銘柄PH、スクリーニングによるPFが3パターン、売却済みPF(再購入のため)、下がれば買いPFなどを作成しています。特徴は購入金額をあえて記入して時価との変動を観察しています。その他市場の状況の統計のため昨日記載した予想低PERのPFなどもあります。これについて詳細を述べると50銘柄中損は1銘柄だけで、パフォーマンスは6月2日から現在まで20.07%でした。(これは凄い) 参考資料は四季報とダイヤモンド社でした。

皆さんはあまり必要でないかもしれませんが、この様な多くのPHは私にとっては必要なのです。なぜなら私は怠け者だからです。

欠点は定性的な要素が反映されにくい点です。(当たり前ですね)

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
銘柄管理

2005-08-23 18:44

私自身のポートフォリオ(以下PF)の作成にはヤフーファイナンスを使用しています。皆さんご存知と思われますが購入金額や株数を入力する事により損益金額や損益率も表示されます。また出来高、前日比、PBR、PER、会社情報等選択することにより、独自のPFを作成できます。

私は、監視銘柄の管理にも使用しています。(と言っても先日パフォーマンスの再計算で電卓の間違いをしました。あまり複雑にしないことです。反省) 

PFシートを沢山作成できるので、独自のスクリーニング別(幾つかのパターン)に抽出した銘柄のPF、また単純に低PBR、低PER、予想低PER、売却済み銘柄、高営業利益率や購入候補銘柄など監視等に作成しています。他社のPFも沢山在るようですが、私はヤフーファイナンスが気に入ってるので他社は見てないですが、皆さんはどの様にしていますか?もし良い銘柄管理の方法があれば教えてください。

私の監視銘柄PFではないのですが、参考のために作成していた予想低PERの上位50銘柄(大型株)のPF今年6月からのパフォーマンスが良いですね。約3ヶ月で20%を超えていました。(参考 四季報)

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
誤り

2005-08-22 13:40

以前書いた私の監視銘柄のパフォーマンス(上半期)が間違って記載されていました。正しくは、約22%です。割り算を間違っていました。監視銘柄なので別に関係ないのですが。

しかし9月11日の選挙は楽しみです。私は個人的に郵政民営化に賛成です。一歩前に踏み出してほしいものです。候補者の中には郵政民営化には賛成だが今回の法案には反対だなどと言ってる人もいますが、その様な人に今後改革など出来るのでしょうか?

反対派は公共性を言います。しかし一方で特定郵便局の局長の世襲制(一応試験らしきものはあります)は現実として存在します。公務員の世襲制と言うことですよね?こんなことが先進国であるのでしょうか?

9月11日まで日があります。世論調査に注目!

仕事中なので。

 

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
嫌な予感

2005-08-19 06:44

2日前に所有株のうち鳥羽洋行をすべて売却しました。

ほぼパフォーマンス0%での売却でした。

財務内容抜群の和平銘柄でもありますが、なぜか業績が若干下方しそうな予感がします。(あくまで予感です)予感で売買をするのもどうかと思いますが。

自己の上半期(1~6月)のパフォーマンスは8%程なのに監視銘柄のパフォーマンスは15%にも達する私が言っても何の説得力もありません。しかし株価が上昇するかもしれませんよ。なぜなら私の監視銘柄入りですから。

上半期に高パフォーマンスの銘柄がありましたが、単なるまぐれで偶発的に発生したため自己のパフォーマンスの計算から除外しています。

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
平成17年商法改正

2005-08-18 07:03

保存時になぜか消えてしまいました。なぜなんだろう?

商法改正の三角合併つまり株式交換による外国企業の日本に設立した子会社による日本企業の買収についての力作だったのに。再度の挑戦はできません。あ~。

本当に力作だったんです。

通常は、保存前に消えても言い様に右クリックによりコピー(正式な呼び方はなんと言うのでしょう?)をするのにライブドアーのブログで最近出来なくなったので不安でした。私が出来ないだけかも、御存知の方教えてください。

締めの部分だけほんの少し

最近日本企業が企業努力により増配や自社株買いを行ない企業価値を上げ敵対的買収から守ろうとしていますが、これは経営陣が自らのポストを守ろうとしているのであって、決して株主を守ろうとしているのではありません。結果として株価が上がれば良いのですが。

注 三角合併は基本的に敵対的買収ではありません。TOBとの合わせ技による場合は敵対的買収でしょうか

別窓 | などなど | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
フォトリーディング

2005-08-15 04:31

以前、未読の本が多くなったため速読法のフォトリーディングの本を買って読んでいますと書きました。結果は若干速くなった様な気がします。が・・・しかし、気がするだけの様な気もします。どっちなんだろう?

今月購入書籍数6冊(いつもより多い)、うち読了数2冊、これではますます未読の本が増加する一方です。未読の本は、文庫本、投資本、新書、くだらない本など合計60冊はある様に思います。押し入れの奥にある未読の本を読むのは、いったいいつになるんだろうと思う事があります。だいたい数冊同時進行で読むのが私の読み方なんです(飽きれば違う本また飽きれば元の本と・・・)が以前の様になかなか進みません。またブログ巡りが楽しくて読む時間も少なくなっている様です。

そこでフォトリーディングをマスターして一気に読んでしまう計画なんですが、最近、本を読んでいるといつのまにか寝てしまっていてフォトリーディングどころでは無い状態です。特別疲れている訳でもないのに・・・・・。どーして?って感じです。

また県ランキング50位以内復活を誓ったテニスも今年は何かと忙しくランキングポイント対象試合にも出場できなく、そもそも練習時間も少ない状態でした。来年のためにも今から頑張らねば。

話しは変わりますが、今ふと思い出したのですが「白昼の死角」高木彬光著の最後に残った登場人物は本に書かれていないその後は、どの様になったのだろう? たしか実話だった様に思いますが。出版のきっかけは最後に残った登場人物が作家の高木彬光宅を訪れ(たと思います?)過去の数々の出来事を告白し数年後であれば世に出しても良いとの約束により出版された様に記憶していますが何かの本と混同しているのかも?しかし読んだ当時なんと凄い話しだと思った思いでがあります。何方か知っていますか?   

 

 <A HREF="http://blog.with2.net/link.php?145146">人気blogランキングへ</A>

別窓 | などなど | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
子供の誕生日

2005-08-11 06:18
昨日子供の誕生日でした。ニンテンドーDSとムシキングのソフトを買ったのですが・・・。ゲーム機など買ったことの無い私には、説明書を見てもプレイすることさえできませんでした。汗 もともと屋外派なものですから(言い訳だろ)・・・。 子供(小学一年生)に説明することもできず昨日はお誕生会を終えました。しかしムシキングのソフトの説明書を見ても理解できないとは、説明書が悪いのか私に理解力が無いのか? う~ん 後者だろうな~。他の子供達はどうやって覚えてるんだろう。親が教えてるんだろうか。しかしどうして虫同士の戦いが出来ないのか不思議です。何とかせねば。近所の小学生に聞いてみるしかない。
 
<A HREF="http://blog.with2.net/link.php?145146">人気blogランキングへ</A>
別窓 | などなど | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
認知的不協和の解消

2005-08-08 01:30
認知的不協和とは簡単に言えば自分の考えや経験にそぐわない状態の居心地の悪さ(矛盾した認識が存在する状態)でしょうか。そして解消とは、自分の考えを意識して或いは無意識に変える事です。(説明不足のためヤフーで認知的不協和を検索して確認してください)
認知的不協和の解消について述べる前に、突然ですがここでの話しの前提となる損切りの是非について話します。損切りには賛否あると思われますが、私の個人的意見は、一般論として損切りは必要と思います。
ただし自分が選択した銘柄に絶対的自信のある投資家の場合または長期投資法の場合は損切りは必要ないでしょうね。
自分で損切りのルールが必要だと言わなければいけないところがなんとも辛いとこです。じゃ自信が無くて買ってるのか?と言われると困りますね。
 
マット・セトは自分が選択した銘柄に損切りは絶対しないそうです。事前の準備を怠らず自分の基準を満たした銘柄を選んだなら最悪の時でもその自信を持ち続けることが大事と言ってます。つまり自分の判断を信じると言うことです。(パフェットも同様です)
言い返す言葉もありません。
ついでですがマット・セトは分散投資は怠け者の言い訳だとも言っています。凄い自信ですね。一理有りますが。
私の様な怠け者は、自信が無いのに銘柄を絞り込んでしまいます。汗
言い返す言葉もありません。
(しかし投資金額が億単位ともなるとある程度、分散投資となってしまうのでしょうね。私には関係無い状況です)
 
話しを元に戻します。
認知的不協和の状態を例えると、上がるだろうと思って買った銘柄Aがずるずると下がり始め損切りせずに損失が拡大しています。つまり自分の考えと現実が矛盾しています。
 
ここで認知的不協和の解消をするためには、「今は下げているが、やがて上がるだろう」 と自分で勝手に解釈し自分の当初の予測を変えてしまいます。たとえば銘柄Aを保有する理由を都合の良い情報等で自分で作ってしまった。一方で保有する理由として都合の悪い情報等は軽視する。
たぶん銘柄Aを購入していなければ考えなかったと思います。
 
この様な事は、皆さんも一度は経験されていると思いますが、私など優柔不断なものでよく有ります。しかし有ってはならないのは、その後銘柄Aがさらに下げて損切りもしない状態であまりにも不確実な情報に飛びつき自己を正当化してしまう事です。最後に正当化しきれなくなり・・・・・・。
 
私自身は怠け者なので大負けしないために損切りは必要だと思っています。ただ投資法や投資期間により損切りの基準値は変動させるべきです。一番難しいのはその損切りを継続して適用する事です。
 
前回書いたタイトル「海へ行ってきます」ですが、正しくは「温泉と遊園地に行ってきます」でした。現地について自分が間違っている事に気がつきました。汗
 
ヨメサン「海って言った? 言ってないよ」
 
どうして海と思ってしまったのか?今でも謎です。
 
 
 
 
 
 
別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
海へ行ってきます

2005-08-05 07:58
今日から四国香川県の琴平に行って来ます。海と昆虫などが目的です。
家族サービスですが、実は結膜炎になってしまい目が少し腫れています。
 
今度読もうかなと思っている本
 

ある本で下記の本の解説を読んで面白そうなので購入しようとしたらなんと古本しかなく9000円近くします。何方か安く手に入れる方法御存知ないでしょうか?

(百三十八) 「商急ぐ可からざる事」 思い当たる事あります・・・・・。

 


相場秘伝 本間宗久翁秘録を読む―希代の天才相場師に学ぶ必勝の鉄則

別窓 | などなど | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| KONの投資などの日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。