スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
あなたは、その株を5年持てますか?

2005-11-26 09:52

澤上氏について以前書きました。以下ある雑誌のインタビュー記事です。

澤上氏  割安・割高・PER・バリュー投資なんていう言葉の遊びはやめたほうがいい。僕が銘柄選びで重要視するのは、「この先5年、その株を持てるかどうか」につきる。厳しいことをいうようだが、割安かどうかなんて、その企業の5年先の業績を予想できて初めてはじきだされるもの。そんなリサーチ力もないのに、みな目先の業績予想をベースとした指標にとらわれている。「5年持てるかどうか」ただそれだけだ。

澤上氏 世の中に役立つ企業、なくてはならない企業、つまり存在価値がはっきりしている企業に絞られる。ある程度実績のある古い企業ということになるのな。

私は、長期保有と言うなら、その株を5年持てるか?と時々考えてみるのもいい様に思います。別に3年、10年又は永久にと置き換えても良いと思います。私が長期保有だと思って購入している銘柄がはたして当てはまるのか? やはり自信が無い銘柄もあります。それらの企業の事をもっともっと知り判断に誤りが無いかどうか調べる必要がありそうです。少し大袈裟な言い方をすると、その企業のインサイダーか?と思われる位その企業の周辺事情をも知る必要があるのかもしれません。

私は長期保有と考えている企業を5銘柄ほど保有しています。銘柄数は幾つが良いと言うのはなく、良いと思った企業の数がたまたま5銘柄だったというだけでが、銘柄数を減らす事になるかもしれません・・・。

集中投資か分散投資かと言う議論がありますが、私は自分が良いと思った企業が5~8社くらいになればいいなと思っていますが、むやみに増やすべきではないと思っています。

そうは言っても私は、5~10銘柄くらい短期中期(1ヶ月から1年以内)で遊んでいます。(^^;

ただ「ある程度実績のある古い企業」と言う部分には、違和感があります。

 

と偉そうな事を言ってもなかなか自己管

理さえできないくせに・・・。キャイーン(泣)

 

こなつさん風に締めてみましたワン。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
未知の量は・・・

2005-11-24 06:55

某大学教授が、ある本の中で「未知の量は知識の量に比例すると考えられる。知識が深いほど未知の量も深まる。」と言っています。
含蓄のあるお言葉ありがとうございます。合掌
知識を深めていくとだんだん蟻地獄に入って行く様な恐ろしさを感じさせるお言葉です。私は、すべてにおいてほどほどにしておく事にしようと思った次第です。(^^;

それと巡回するブログが多くて困っています。    優良ブログ巡回パトロール隊  隊員KON
ブログの中に年末に向けて手仕舞いする方が少なからずいる様に思いました。なぜ? 機関投資家などのことを書かれていますが、私には理解不能です。
そうなんです。私は、知識が浅いのです。

それとびっくりした事がありました。
私のYAHOOのお気に入りには、投資に関するブログをはじめ色々な分野のブログやサイトを登録していました。ある程度フォルダーなども作って整理していたのにある日突然規則的とは言えないまでもアルファベット順なの?五十音順なの?などに変更されてしまいました。
そこで再び並び替えても再起動するとまたまた規則的とは言えないまでも・・・?に変更されます。どうして? 色々調べてみると、なんと登録しているサイトが多すぎるのではないかとのことでした。
これは、古いパソコン(98ME)の時の話ですが、いったい幾つでそうなるのか数えておくべきでした。

別窓 | などなど | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
成長株

2005-11-20 01:31

最近成長株に興味があり、色々調べております。
元々あまり得意ではない分野なので難しい限りです。

先月末くらいから買ったインデックスもそうです。がしかし何ぶんにも時価が3000億円前後のためびっくりする様な上昇は期待できませんが、結構気に入ってます。インデックスは比較的以前から雑誌等でよく取り上げられているため,すでに知名度もあり目新しいと言う訳ではないのですが。


あと時価500億円前後の企業を2,3銘柄調べております、と言ってもいつもの買いたい病のため少し買ってしまいました。
もっと時価が少ない企業の方が良いのでしょうが、資産バリュー銘柄なら選択していますが、成長株となると情報等も少なく私には自信もないので今は除外しています。

なぜ最近成長株に興味が出てきたのかと言うと、私が長期的に保有する銘柄は資産バリュー銘柄が中心ですが.選択は機械的で実際のところ味気ないものがあります。(資産バリューと言っても定性分析を考慮する場合は別です)
パフォーマンスのことより魅力あると思われる企業(経営陣、技術力等)の成長を楽しみにして長期的に保有して投資を楽しみたいと思い始めたためです。資産バリューによる投資を基本に置き少し成長株投資(らしきもの)を行っていきたいと思っています。
あまり銘柄に惚れてはいけないとよく言いますが、惚れるような企業を見つけて見たいと思っているのは、私だけではないと思います。

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
会計方針の変更

2005-11-16 06:59

ソフトバンクの中間決算が発表されました。
相変わらず当期損失となっていますが、営業利益は44億円となっています。
バリュー投資家の方はソフトバンクには興味は無いかと思いますが、ここで問題なのは、ソフトバンクは今回会計方針の変更をしていると言う事です。
短信をじっくり見ておりませんが今回会計方針の変更により少なくとも数億円以上の費用(損金かどうか?)が将来へ繰り延べされている様です。


会社によれば会計方針の変更1つで決算上の税引き前利益がマイナスからプラスへ変わってしまうことさえある筈です。決算発表時に財務諸表のみを見て判断できないですね。当然PBRやPERにも影響を与えます。
しかし殆んどが会計方針の変更があった旨が日経やヤフーファイナンスなどで取り上げられます。
同業者比較などの場合、極端に言えば会計方針に違いがあれば財務諸表の比較をしても意味の無いものになってしまいます。
そこでCF計算書、PCFRなどを重視する方が多くなっているのでしょう。

特に有価証券報告書などは隅々まで見るとなると大変ですが、定量的、定性的に重要な事項が記載されています。
特に変更されている事項については なぜ?と考えてみるのもよいでしょう。
以前に書きましたが、有価証券報告書をモニター上で見るのではなく一度プリントアウトしてじっくり見てみるのも良いのではないでしょうか? まずは大手製造業など如何でしょうか。
余裕があれば別の業種などトライしてみてください。私など定性的な部分で理解できないことがまだあります。
それでよく投資できるなと言われそうですが・・・。

実は、私は有価証券報告書を見ないで投資している企業も結構あります・・・。 

反省

 

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
携帯携帯

2005-11-13 12:49

レポート提出が迫っておりなかなか投稿どころか優良ブログのパトロールの時間もあまりありません。と言うのは冗談ですが、先日 ソフトバンクグループのBBモバイルが特定基地局開設計画認定申請を認定されました。これによりインターネットだけではなく携帯電話での激しい戦いが主にNTTグループとソフトバンクグループで繰り広げられそうです。

私はこれから利用範囲が飛躍的に拡大されるであろう携帯電話に関連する企業に興味が少しあります。ただ私には携帯電話に関連する企業をどの様に評価するかは非常に難しく、また次々に発せられる企業リリース等について行けないのが実態です。(と言いつつ買いたい病の持病のためインデックス4835を少し買っています。)多くの著名な投資家でさえIT関連企業の投資には消極的です。ましてやバリュー投資家は、あまり縁が無いと言うのが実態でしょう。私も今までIT関連企業は、見向きもしませんでしたが少し勉強してみようと思っています。

バリュー銘柄(と思われる銘柄)を保有していると暇なのでよく横道にそれてしまいますが、それも楽しくていいかなと思っています。

私はN901ISのFOMAを利用しています。パケ・ホーダイhttp://www.nttdocomo.co.jp/charge/discount/pake_houdai/index.htmlは、外出してパソコンが見れない時、iモード料金を気にすることなく株価ボードなどを見れるので便利ですが、たまに仕事の邪魔をする存在になります。困ったものです。(^^;

 

 

 

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
簿記論 財務諸表論及び企業評価 追加事項

2005-11-06 23:07

inatoraさんのブログに大胆にもコメント致しました。汗

いつもながらinatoraさんのブログはレベルが高くまた研究熱心な方です。

時折 ついていけない程の内容になる時があります。

inatoraさんは、簿記論や財務諸表論(財務会計論)などにも興味をもたれて勉強されています。私も職業柄この分野だけは知識がありますが、inatoraさんは簿記論財務諸表論おそらく監査論などについても専門的知識をすでに身につけているものと思います。それを見た個人投資家の皆さんも興味を持たれて知識を身につけようと思われる方もおられると思い簡単ですが、勉強方法のあらすじ程度のことを7月20日http://blog.livedoor.jp/mk468311/archives/28540003.htmlに書いていたのでコメント欄にアドレスを記しておきました。汗

私は最近企業評価の分野で以前にも関連した事を書いたのですが、ここ→http://blog.livedoor.jp/mk468311/archives/50153097.htmlあくまでも個人投資家が株式投資をするうえで企業価値を求める最良の方法はなんだろうと思うことがあります。その状況下によって方法を変化させるべきなのだろうか(これはブレそうだ)或いは森生明氏が言われている様に合わせ技が良いのか? これも私の苦手なDCF法を考えなくてはならない。また類似上場会社比準方式についてもプレミアムの部分が私には非常に難しく感じられます。

やはり私には山口揚平氏のなぜか日本人が知らなかった新しい株の本の評価方法が多少の数字のアレンジ(特別損益等)等だけで済みそうなのでしっくりします。皆さんはどの様な企業評価(定量及び定性)をしているのでしょうか?良い評価方法があれば教えてください。


追加事項 もしやinatora氏はさらに会社法や民法などにも研究範囲を広げているやも・・・。このあたりは私にとって未知の世界です。

別窓 | などなど | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
何で載るのよ

2005-11-06 09:51

昨日の投稿で成長を期待し購入した2銘柄の1つが、皆さんご存知のインデックスです。
すでに成長していますが魅力的な企業の1つです。
インデックスの将来性を考えると今の下落した株価はお安い限りではないでしょうか?ライバル企業も多いけど。
月曜日買い増しする予定です。と言うのもまだまだ下がる可能性もあると思い予定の半分しか購入していません。

しかしここで問題が、なななんと・・。日経1面に載ってしまいました。何でのるのよ~。
よりによって今話題のTBSと共同出資会社だって。TBSだから1面なんでしょうが・・・。
月曜日上がらない事を祈っています。それとも様子見でしょうか?

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
反省

2005-11-05 11:54

レポート作成のため忙しくサボっていました。
昨日アマゾンで予約していた株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術が届きました。
内容は難しいものではなく読みやすく作られています。角山氏の努力の賜物です。まず前著の超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術―たった週1時間の分析で年利15%を目指す!を読んでから読むことをお勧め致します。皆さんすでに読んでますよね。

“解りやすく又漏れなく”本を一冊書き上げるというのは大変な労力と時間が必要なんでしょうね。

しかし、数多くの良書を読んで知識を得ることより、それを実践することが重要です。自分自身に反省・・・。

今週は地味な銘柄を数銘柄購入しました。たとえばエスイーシー5304(短期)です。買いたい病のために相変わらず分析に時間をかけずに買ってしまいました。反省・・・。

話は変わりますが、最近 経営者が誠実であるとか又は素晴らしい製品や商品を製造販売或いは開発している企業に少し興味があります。グリーンウォルド他の著書バリュー投資入門で言えば第三の成長のバリューの部類でしょうか。競争優位性を将来確保するのではないかと思われる企業です。もっとも難しいことですが、株を買って利益を上げると言うのではなく、その企業の成長を楽しみに買うという感じでしょうか。実は先日の投稿で<胃が痛くなったため資産バリュー銘柄以外を売却>したとき数銘柄を機械的に次々に売却した時その中に何故かサイボウズ(えすさんのパクリです。一応自分なりに調査し13万円台で購入)も入っていました。どうして? 長期保有のつもりが何故売却したんだろう・・・。その後も上げたからではなく、成長を楽しみにしていたのに何故売却したのだろうかと後悔しています。今は結構高値になっていますが少しでも購入したいので下げてくれないかなと勝手なことを思っています。と言いながら先日、別の割安で成長性のある2銘柄(自分が勝ってに思っています)を買いました。月曜日買い増しするつもりです。胃痛を懲りておりません。

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| KONの投資などの日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。