スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
インデックス他

2005-12-30 07:42

最近、インデックスが好調です。日経平均がこれだけ上げればどの銘柄も好調ですよね。成長バリュー銘柄として長期保有銘柄です。PBR、PERは見ていません(^^;あくまで成長バリューですから(^^; 安値で買えたと思っているのは私だけでしょうか? 私が初めて買ったとき既に時価総額が約2400億円と高額でしたがそれから約3100億円となる位まで買い増ししました。(125千~165千円内で購入)。実は300千円を目標にしています。 こんな株価を期待するところがすでに投資バブルなんでしょうか?(^^;  ま~含み損が出なければいいか・・・しかし楽しみにしています。長期保有銘柄である中部鋼鈑5461などとはまた違った楽しみがあります。しかし中部鋼鈑は来年が勝負。

今日は最後の取引です。何事も無く終わって頂きたいものです。祈り・・・。

スポンサーサイト
別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
勘違い

2005-12-27 17:49

今年、特に下半期は投資家の皆さんにとっては良い時期だったでしょう。マネー雑誌を見て推薦銘柄を買ったり、或いは優秀な個人投資家のPFからのパクリで買っただけで結構なパフォーマンスを得て、私はもしかして優秀な個人投資家か?と勘違いされている方も多いのではないでしょうか(必ずいるはずです)。私もその一人かも知れません。

今年の初めに四季報から適当に選択した銘柄を買っていても結構なパフォーマンスを得ることができたはずです。

冷静に自分の投資銘柄をどの様な理由により買ったのか考えてみようと思います。市場から退場してからでは遅いのです。

皆さん、兜の緒は絞めなおしていますか?来年に向けて頑張りましょう。

 

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
個人投資家向け投資読本

2005-12-25 10:39

以前にも書いたファンドマネージャーの株式運用戦略の中でなるほどと改めて認識させられる事が幾つかあります。例えばリチャード・デニス氏によれば「トレーダーが犯す最悪のミスは、大きな収益機会を逸すること」や「小さな損きり手仕舞いを重ねた結果、運用資金が無くなってしまったという話は聞いた事がない。
投資家の失敗のほとんどは、一度に大きな損失を出す事なのだ」と損きりを徹底することを進めている。つまり「トレーダーが犯す最悪のミスは、大きな損失機会の回避を逸すること」だそうです。渡辺氏は、損きり派です。
その他オニール氏や矢口 新氏も損きり派です。私も損きり派です(ま~投資レベルが違いますが・・・。)私の場合は損きりと益きりとでも言うのでしょか?両面からの損益きりです。ほとんどが短中期投資時の銘柄選択のミスのためのもので利益が出ていても切ります。私自身もよく分からない投資スタイルです。優秀な投資家さんの様に損きりを一切しない銘柄に自信のある長期投資家にはなれません・・・。

話を戻して上記書籍のような実務家(元実務家)が書いた理論書でない個人投資家のための投資読本はあまり難しい算式などがなくてスラスラと読めてなるほどと思う事が多くあります。
今は投資に偏ることなく一般の書籍をチョコチョコ読んでいたのに投資読本を買うことにしました。
注文した書籍山崎元のオトナのマネー運用塾―自己責任で真剣に楽しむ人のための96項 間違いだらけの投資法選び―賢明な投資家が陥る52の落とし穴

その他に失敗した人達の投資本つまり「マネーマスターズ列伝 失敗した投資家たちはこうして生まれた」 「ファンド・マネージャー 相場に負けた9人の男」或いは「マーケットの魔術師 失敗編」と言うような投資本を探して買ってみようと思います。この様な投資本は意外と無いですね、結構参考になると思いますがわざわざ名乗りを上げる人もいないのかな~。パンローリング社に提案してみますか? 失敗する前に失敗の歴史に学ぶのは重要と思います。(私は数年前テクニカルのみの投資法で利益を得てその後失っています(T_T) 。これによりバリュー投資に目覚めました)この様な本をご存知の方は教えてください。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
フェイス

2005-12-23 07:22

12月2日に四季報パラパラ、ホームページをチラで初購入し13日買い増ししていたアイティーフォー4743がなんと15日より5連続S高でした。こんな事は初めての体験でしたがさすがに昨日は爆下げでした。加熱気味でしたのでなぜかほっとしています。少しずつ上がってくれればと願っていますがどうなることやら・・・。携帯電話GPS児童防犯システム「見マモル君」が原因でしょうか。
アイティーフォーは今後も、子供を狙った悪質な事件に株価が反応してしまう可能性があり事件発生により株価が上げても子(7歳4歳)を持つ親としては複雑な思いとなりその様な事で上げても嬉しくありません。それより良い商品なので広く採用される事による株価の上げは大歓迎です。そして子供を狙った悪質な事件が無くなることを期待したいです。細かい説明はしませんがアイティーフォーはセキュリティ関連(それ以外もあります)を中心に幾つか期待できる物があり財務内容も良好です。

それと先日短期保有銘柄を売却して資金を確保し子株の還流後の下げを期待して以前より待っていたフェイス4295を購入しました。将来期待のできる企業で今のところ財務内容が良好です。15日発売の四季報でも「減額」でしたが22日時点では思ったほど下げはありませんでした。残念。今後下げたりして・・・。買ったものの少し迷いがある銘柄です。検討しなおそうか・・・。

しかし今月は短期保有銘柄で遊んで忙しい月でした。過熱気味の市場を皆さんはどう判断しますか? 私はストレスなくお正月を迎えるべくポートフォリオと最後のにらめっこをしています。

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
四季報

2005-12-20 06:44

新しい四季報が発売されました。四季報が結構お気に入りの私としては、四季報をパラパラしております。しかしいつもの様に買っていた四季報CDーROMは、今のところ買っておりません。実は前回のCDーROMも買っても殆んど使用しておりませんでした。
以前の私は資産バリューが銘柄選択の絶対条件でしたが渡辺幹夫氏のファンドマネージャーの株式運用戦略の中で「日経平均が15000円割れとなったケースは3回あるが、それぞれの局面における東証一部のPBR1倍割れ銘柄比率をみると92年8月は10%強 95年7月は15%前後 97年末は50%以上に達している。これは二極化相場においていかにPBRが株価の下支えにならなかったかということである」と言う事を知ったため資産バリューが銘柄選択の絶対条件ではなくなりました。と言っても習性でしょうか?有利子負債等が少なく(無く)財務内容が良い銘柄を選択しています。(例外も幾つかあります)

市場の平時には、PBR等は良い指標となりますが、非常事態における良い指標となりえるものはないのでしょうか?非常時に備えるならばどの指標が良いのだろうと考えてみるとやはりこれだと言う指標はないですね。と言うのも非常時に限りませんが倒産しない或いは業績が低下しないからといって株価が下落しない条件にはならないからです。市場の非常時における株価の下落を回避する指標は無いものでしょうか? (^^;

以前は銘柄を選択する場合、定量分析(スクリーニング)→定性分析でした。
最近は定性分析→定量分析の順となったため、定量分析は特に財務内容に問題が無いかどうかを見る程度のため四季報かEDINETで確認をする程度です。
従って定量的なスクリーニングをあまりしなくなりました。
四季報CDーROMでも定性的スクリーニングができますが、これは今後の課題です。

みずほ証券の誤発注問題に絡んで東京証券取引所の鶴島琢夫社長が辞任する様です。東証が黄金株を条件付きで認める様になったのもみずほ証券の誤発注問題との絡みで政治的な匂いがします。次期の暫定社長は、会長が兼任で財界OBですからね。


黄金株は許しません。

別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
アイティフォー

2005-12-15 01:09

火曜日、アイティフォー 4743を買い増ししました。
アイティフォーは個人情報漏洩対策統合システムやCMS+ 延滞債権管理システムなどの商品があり財務内容が良好な銘柄です。
ただ私が買い増しした理由は、携帯電話GPS児童防犯システム「見マモル君」の発表が理由です。
プレスリリース→http://www.itfor.co.jp/ne/news/2005/nr051212.html

近頃、子供が誘拐殺害されたり行方不明などあまり聞きたくない様な事件が頻繁に起きています。被害に遭われたご家族の悲しみは言葉では表現できないでしょう。私にも小学生と幼稚園に通う子供がいます。
私は、この様なシステムを開発販売する企業が全国の地方自治体や教育機関等などに受け入れられることを期待しています。

アイティフォーが成長し同時に株価が上がればこんな嬉しいことはありません。
私は、この様な社会に有益と思われる商品を販売する企業の選択は有りと思っています。但しアイティフォーの財務内容が良好であることも選択理由の一つです。一つくらい青臭い銘柄選択があってもいいでしょう。


しかしコクヨやトミーなども類似商品をすでに発売しています。それぞれの内容については、調べてみましたが、コクヨやトミーを実際に使っている人が私の周りにいないため各社のプレスリリース等のみ参考にしなければなりません。

アイティフォーの「見マモル君」は、導入が個人でなく自治体や学校単位となるためかなりの予算が必要です。このあたりが、個人でも導入できるコクヨやトミーとの違いがあります。

しかし導入については、「見マモル君」は新しい防犯システム(詳細はプレスリリースを)であること。防犯対策などは、個人よりむしろ学校や地域単位の方が良いのではないかと思われること。等の理由により安易に買い増ししました。さらに購入するかどうかは、市場の反応も見ながら。

今日はこの様な事がありました→売却翌日S高

昨日 年末も近くサイボウズは特に加熱感があるのではと思い少ないサイボウズ(再購入分)を発表前にすべて利確しました。その後開示でなんと5分割発表

今日 S高・・・。(サイボウズに限ってはこれをえす高と読みます。)

 

サ坊 僕は長期所有銘柄なんだけどね~。

私  仰る通り。(サイボウズとはどうも縁がありません)

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
短中期投資銘柄と長期投資銘柄

2005-12-11 14:38

2、3週間ほど前に、既に遅いかなと思いながら金融システムやセキュリティ関連他の企業を四季報で見ていました。有利子負債が0や小額の企業が多く予想外でした。意外な事に財務良好な企業が結構あるんですね。
私はてっきり自己資本比率が低く有利子負債がたっぷりあるB/Sを想像していました。ハイマックス4299 シンプレス4340 アイティフォー4743 インテリ4847 DTS9682 プロシップ3763などチェック。すべてバリュー銘柄という訳ではありませんが、様子見という事で短中期投資として少しずつ幅広く購入してみました。(買いたい病ですね、独立系を中心に選択してみました)
しかし今は何でもあり相場なんですね、DTS以外上がりました。
まだまだ買って2週間ほどなのでこれから調査して良ければ買い増ししようかなと思っています。しかしその矢先にみずほ証券の件。ただでさえ遅くまだ調査中なのに関係する銘柄にとっては余計な事が起きました・・・。


それと長期投資銘柄に1社追加しました。インデックス4835です。以前も書きましたが、よく知られており既に時価総額も高くなっていますが、結構気に入っています。IT銘柄を長期投資銘柄にするとは自分自身でも思ってもいませんでした。
インデックスは経営的に今年仕込みの年で来年以降花が咲きそうです(勝手な予想です)。まだまだこれから成長するセンスの良い企業と判断しました。

本来バリュー投資では、IT銘柄はご法度ですが、最近はITも身近な存在になっているようなので・・・。

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
風邪

2005-12-06 08:52

日曜日の寒い中いつものメンバーと午後からテニスをしました。コートが山手だったので非常に寒くて雨と少し雹(漢字合ってる?)も降りました。という事で、風邪かな~。昨日 早退 今日昼からの出勤となる予定。今日のナイターでのテニスはさすがにお休みです。しかし何故か9時前なのでワクワクしてます・・・。

しかし 株価は、いつまで上がるんだろうか? 年末か来年か? おそらく痛い目をする人が沢山でるんだろうな。もしかすると私かも・・・あなたかもしれません。バリュー投資だから。自己資本比率が高いから。有利子負債が無いから。そんな理由で本当に大丈夫ですか? 私も思案中です。

別窓 | などなど | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
疾風のごとく

2005-12-03 10:01

私は、後悔しています。

昨日帰宅途中に書店に寄りメンズクラブなどの本を見ておりました。
その書店の投資本のコーナーには、一般的な本が多く、専門書の様な本は少ないのですが、数だけは沢山あります。私は「バフェットとソロス 勝利の投資学」でも少し見てみようかと思い何気なく投資本のコーナーに行って立ち読みしてると隣に30才前後の女性が熱心にあれこれ投資本を物色中で、既に本を入れる籠に5冊ほど投資本(テクニカル系など)や日経の読み方などの本が入っていました。


それだけなら特に気になりませんが、さらに数冊の本(どれもチャート系の本)を手に取りあれこれかなり迷っている様子です。私はテクニカル系を否定するつもりはありませんが・・・。そんなにテクニカル本を買わなくても・・・。


私は、その女性がいったい何冊テクニカル本を買うのか気になって立ち読みしても頭に入らない状態になってしまいました。たしか誰かのブログでも似た様なケースがあったなと思い出しました。

10分くらい経過・・まだ迷っている様子。

 

そ、そしてついに・・・。

私  迷っているのですか? 

女性 ええっ・・。汗

私  この本など良いですよ。えっと・・しんさんの・・角山さんの・・。
   なかなか見つからない(汗)・・・。アッター「謎のトレーダー「しん」の株バリュー投資法」。怪しそうな本ですけど良い本です。(しんさん、すみません) 私の友人が書いてるんですが・・・。(間が持たなくなり苦し紛れに一回だけバーで飲んだだけなのに友人にするなよ。 角山さんの本は見つけれませんでした。)

女性 はい・・・。 読んでみます・・・。

私は、疾風の如くその書店を出たのは言うまでもありません。

女性 怪しい・・・。本の名も怪しいが、あの男性も怪しい・・・。と思ったに違いない。

魔がさしたとは、この事か? しばらくその書店には行けません。(一番大きな書店なのに)書店に行ってもその女性がいない事を祈ります。


昨日、推薦本(一般的ですが)の図書館を作成しました。(T_T)

http://blog.livedoor.jp/mk468311/archives/50205861.html

 

別窓 | などなど | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
図書館1

2005-12-03 00:12

以下の本は今から投資をしようと思っている方のために推薦する書籍です。ただし他にも良書は沢山ありますが私の判断で選択しました。また私が使用しないテクニカル法などの書籍は選択しておりません。以下の書籍を読んでもインデックスに勝てない場合は私にではなく著者に文句を言ってください。(^^;

注 推薦する書籍は変更される場合があります。

◎ まず読むべき本 (以下の本の中でインデックスを薦めている部分は無視し  ましょう)
ウォール街のランダム・ウォーカー―株式投資の不滅の真理


投資戦略の発想法―ゆっくり確実に金持ちになろう(改定版が出ています)
 

投資4つの黄金則(内容が幅広く充実しています)
敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか(絶対お勧め)

 

決算書を理解できる本を1冊

以上5冊は具体的な投資法などは解説していませんが、投資をする上で必要な知識が得られます。これから長く投資をするのであれば重複する部分もありますがすべて読んでおきましょう。

◎ 有名トレーダーを知りましょう

マーケットの魔術師 ? 米トップトレーダーが語る成功の秘訣

 

マネーマスターズ列伝―大投資家たちはこうして生まれた

 


◎ バリュー投資系の本

賢明なる投資家 ? 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法

 

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術


超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術―たった週1時間の分析で年利15%を目指す!(お勧め)

謎のトレーダー「しん」の株バリュー投資法―3年間で20倍!!(怪しそうな本ですが、内容は良い)
バリュー投資入門―バフェットを超える割安株選びの極意(バリュー投資が一応理解できます)

◎ 成長株投資系の本

フィッシャーの「超」成長株投資―普通株で普通でない利益を得るために
ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

 

株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術(お勧め)

 

◎ その他良書

あなたも「長期投資家」になろう!―春に種をまき、秋の実りを待つ株式投資 (新版もあります)

サラリーマンが株で一億円を稼ぐ!!

天才少年投資家マット・セト108の法則―ウォール街を興奮させた株の新定石

バフェットからの手紙 ? 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル

 

投資家から「自立する」投資家へ~企業の真のPERを知り、それに打ち勝つ自分をつくる~


会社四季報 2006年1集新春号 [雑誌](絶対必要)


ウォール街で勝つ法則 ? 株式投資で最高の収益を上げるために



◎ 行動ファイナンスの本
人生と投資のパズル

図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて

◎ 企業評価の本

なぜか日本人が知らなかった新しい株の本(私もほぼこの本と同様に算定していました。超お勧め)

MBAバリュエーション

 

 

◎ 物足りない方、もっとやる気のある方或いは眠れない方どうぞ

最新 行動ファイナンス入門

企業価値評価―バリュエーション;価値創造の理論と実践(企業価値評価を極めてください)


企業価値評価 【実践編】(上記の本のテキスト版でしょうか。 DCF法を極めてください。)私はDCF法は難しくて投資には使用していません

新版 MBAマネジメント・ブック(シリーズ本の入門書です)
MBAファイナンス
MBA経営戦略



競争優位の戦略―いかに高業績を持続させるか

コーポレート・ファイナンス 第6版 <上>(良いらしいです)
コーポレート・ファイナンス 第6版 <下>(良いらしいです)

証券投資論(私は読みません)

 

市場のアノマリーと行動ファイナンス

注 私は、金融工学などの書籍は読んでいないため推薦するべき書籍を知りません。

別窓 | 図書館 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| KONの投資などの日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。