スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
注目致しましょう

2006-03-30 00:39

以下の内容をinatoraさんのブログにコメント致しました。inatoraさんもこの件について記載していたためです。怖くて笑える投資サイトCBM研究会にはコメントできません・・・。(^^;

CMB株式研究会の主要メンバーの方が(1960)サンテックに対して株主提案をする事を計画しております。内田さんのブログで知りこれには大変興味深いものがありました。機関投資家ならまだしも個人投資家が株主提案とは、ついに来たかという感じです(過去に例はありますが)。私も参加できないのが残念ですが。

私は、笑える投資サイトCMB研究所の内田さんは投資のメンタルコントロール・資金管理等については個人投資家のブログでは、ピカイチだと思っております。書店の平積みされた投資本を買って読むより笑える投資サイトCMB研究所の過去の内容を読んだ方がためになるのは言うまでもありません。。
ただ今回CMB株式研究会の主要メンバーの方が(1960)サンテックに対して株主提案を行う旨の内容の中に気になる点があります。

①>現在、社長の八幡欣也氏、同氏の長男の八幡信孝氏、同氏の弟の八幡卓士氏と、7名の取締役のうち3名が八幡家出身者であり、八幡家が創業家であることを考慮してもこれは明らかに異常です。コーポレートガバナンスの観点からこれは問題であり、是正が必要だと考えております。
②>定款に新たに「取締役には、同一の親族(3親等以内)が3名以上は就任できない」という条項を追加する株主提案も提出する事を検討しています。以上2点です。

まず①については、必ずしも7名の取締役のうち3名が八幡家出身者と言うのは上場企業においても決して異常と言えないと言う点です。過去にも同様の取締役構成の上場企業がありました。CMB株式研究会の主要メンバーの方の言いたい事は、単に親族だからと言って能力の無い取締役には退任して頂きたいと言う意味なのでしょう。(ごもっともな事です)②については少し大袈裟ですが「上位法は下位法に優先する」という重大な近代法の原則があります。これは、憲法(上位法)と法律(下位法)、あるいは法律と政令が矛盾する場合、下位法である法律や政令のほうが上位法による修正を受け、効力を否定されるということを意味しています。つまり株主提案により定款に記載されたとしてもその効力は否定されると思われます。(私見です)
主要メンバーの方の言わんとすべき内容は理解できるのですが、以上2点については株主提案から削除された方がより説得力のある内容となるのではないかと思われます。(^^;

しかし株主提案がどの様になるか皆さん注目致しましょう。個人投資家による株主提案は画期的な事です。

スポンサーサイト
別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
スクリーニング

2006-03-28 01:26
ここ数日四季報CD-ROMのスクリーニングの条件式をあれこれ修正及び新規作成しております(次回の発売分のために)。条件式を5個くらい組み合わせたものから20個くらいのものまで作成中で大変です。連、単ありますし(^^;  資産性、利益性、成長性、配当性など組み合せればきりがありません。私の経験から言うと何でもかんでもこれでもかと言うくらいに沢山条件をつけてスクリーニングした銘柄はあまり動きません。(^^; ある程度は目的とする条件で絞り込んで補完的に他の条件式をいくつか追加する程度の物を目的別にいくつか作成して置く程度が良い様に思います。私の場合はスクリーニングからの銘柄選択より定性的に気に入った銘柄を購入する方が多いみたいです。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
四季報CD-ROM

2006-03-21 07:56

いつも買っている四季報CD-ROMは前回あえて買いませんでしたが、今回からまた買う事にしました。幾つかある条件式を修正したり新規作成したりあれこれ考えていると楽しいもので資産性重視、収益性重視、成長性重視など考えているときりがないので、ほどほどのところで止めておきました。(疲れました)しかし結構時間が過ぎるものですね。

今回 一番オーソドックスな条件式(事業価値と財産価値から求めた一株価値と時価との乖離率)よりの結果の上位20社程度(連結、単体)をブログ上に貼り付けようとしましたが出来ませんでした。コピーまではできるのですが・・・。
四季報CD-ROMでは本来最も重要な定性的な要因は考慮されません。(当然ですが)私は、四季報CD-ROMはあくまでも銘柄選択時に「補助的に使用する時がある」と言う程度です。

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
投資手法について(私見)

2006-03-18 08:23

パフォーマンスを決定するものはなんだろうか?
機関投資家など大きな資金を運用する場合は、いきなり○○社や▲▲社を買うといった個別銘柄から入るのではなく、まず、運用する資産を、「国内株式」「国内債券」「海外証券」「不動産」「現金等価資産」など資産クラス別にどのような割合で分配するかという意思決定があり、その後に資産クラス毎に銘柄の選定に入ります。しかも、この二つは別々の意思決定であることが証明されています。
この課題を最初に実証的に整理したG.ブリンソンに依れば、トータル・パフォーマンスに占める「アセットアロケーション」の寄与は9割以上と言われていました。このブリンソン命題の解釈を巡っては、まだ議論がありますが、トータル・パフォーマンスに占める銘柄選定の寄与は驚くほど小さいことが知られています。(東証HP参照)
 
しかし私達個人投資家は、銘柄の選択、購入量、買い時、売り時といったこれらの自由に選択できる4つの判断がパフォーマンスを決定すると言われています。投資家はこれらを自由に選択する事ができるのです。したがって誰もが高パフォーマンスを獲得する事が出来る可能性を持っているのです。(逆もありです)そこで投資評論家等が個人投資家が高パフォーマンスを獲得出来る様(ホントか?)に、投資本や情報誌などで投資手法や銘柄情報を大量に提供しているのです。ま~個人投資家が高パフォーマンスを獲得出来る様にと言うより自分達(投資評論家)の生活のためと言った方が良いのでしょうか・・・。 

話がそれましたが、私はパフォーマンスを決定する上記に挙げた4つの判断より投資資金に占めるキャッシュポジションの存在こそがパフォーマンスを決定する重要な要素の様な気がします。つまりトータル・パフォーマンスに占める「デフォルト戦略」の寄与こそ最大であると思っています。(少し大袈裟ですが・・・)。通常のデフォルト戦略の意味するところは市場(株価)が過大に評価され投資すべき銘柄が無くて運用資金の一部をキャッシュで持っていると言うものです。そのフリーなキャッシュを現在買っている銘柄の買い増しをしたり、インデックスファンドを購入してフルインベストメントすべきだと言う考え方もある様ですが。私は、フルインベストメントはあまり好きではありません。

私の言う「デフォルト戦略」とはあえて一定割合のキャッシュを持つと言う「積極的デフォルト戦略」です。注) 私が勝手に命名したのであってこの様な固有名詞はありません。(^^; 簡単に言えば、市場の大幅な下げ時に出動して割安な株価でいつでも購入する準備をしておくと言う事です。それまで寝て待てというものです。これは誰もが思っている事でありよく言われていることですよね。(買い時が難しいです)

私は、上記の様な理由でなくてもある程度の運用資金をキャッシュで持っておくことは悪とは思いません。しかしこんな事を書いておりながら私自身も今はキャッシュポジションは低い状態です。言うが易し・・と言う事でしょうか?来月あたりからキャッシュポジションを増やす予定です。私の場合は、長いスタンスで見て、ほどほどのトータル・パフォーマンスを目標にしています。これが結構大変です。私は、個人投資家がフルインベストメントをしてさらにはレパレッジを利かせて最高のパフォーマンスを獲得することが最高の投資家とは思いません(信用取引を否定するものではありません)。最近、有名な個人投資家の○○○○投資法と言う本が出版されていますが書店で四季報を買ったついでにパラパラとみて見ました。著者は以前から個人投資家に広く知られておりマスコミにも登場しており優秀な個人投資家ですが、一般の個人投資家がこんな本を買って真似ていると市場から退場させられるのは目に見えています。真剣に読む人がいるのだろうかと思ったしだいです。

注)決して著者を非難している訳ではなく、購入して安易に投資法を真似しない様にという意味です。

同意見です。→secoina fund 

何事もほどほどが良いのかも知れません。

 

別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
久しぶりに

2006-03-17 01:22

やっと仕事の繁忙期も終了しました。後は5月位まで少し忙しいかな・・・。今日はあまりにも動かない資産バリュー株を売却して他の銘柄を買い増ししました。キャッシュポジションを増やした方が良いのかなとも思っていますが・・・。しかし亜細亜証券印刷は期待しているのになかなか上がりません。今日は四季報でも眺めて寝ます。

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
企業価値

2006-03-07 07:11

企業価値の算定方法は各種色々ある様ですが残念ながら万能と言えるものはありません。M&Aの現場ではDCF法がグローバルスタンダートとして広く採用されているようですが、その基礎となる定量的な数値をいかに理論化し、はたまた定性的要素も加味しなければならず大変なんだろうなと想像しています。
私は以前ある大手証券会社の仲介により一度だけM&Aに係わった事(買収される側)があります。数億程度で世間一般からすると大した金額ではありませんが、当事者(クライアント)にとっては育て上げた会社ですから大変なことなんです。しかしその企業価値の算定基準を見たときは「何だこれは」と言うものでした。買収される側にとって金額的には納得できるものでしたが、私自信は意外と数億程度の場合はいいかげんなものだなと思ったものでした。
私は企業価値の算定方法において定率成長の永久還元定義式PV=C/(r-g)と言う算式はどうしても好きになれません。r-gは誰がどう決めるんだ? 企業価値を求める事は大変である事は理解できます。しかし企業が成長し続けると言う基準をもとに企業価値を計るなど私には考えられません。
少なくとも財務税務を生業にしている私には、定率成長を永久的に続けている会社など見た事がありません。まだ永久還元定義式PV=C/rの方が少しはましですがこれもな~。特に株式投資において企業価値を算定するために定率成長を採用することなど私には理解できません。私の場合以前にも書きましたがなぜか日本人が知らなかった新しい株の本の企業価値算定方法でザックリ評価が結構気に入ってます。私はすべての投資に企業価値を算定している訳ではないので偉そうなことはいえませんが・・・。(^^;
話は変わりますがマネー雑誌で将来の経済や企業業績の予測をしてあーだこーだといかにももっともらしく解説している人の記事を立ち読み(良い子はしてはいけません)をしているとこの人達は、生活のためとはいえ書いている事は予測とはいえ自信をもって書いているのだろうか? と疑問に思ってばっかりです。先ほどのM&A同様に「こんなもんでどうだろう・・・」的じゃないだろうな~。
しかし先日立ち読みした(いけませんね)何という本だったんだろうか?ダイヤモンドマネー?の中に澤上さんのインタビューがありましたが、投資に対する考え方はさすが素晴らしいものでした。

注 私は立ち読みばかりではなく文庫本などは結構買っていますので。(^^;

別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
男たちへ

2006-03-04 19:09

来週は仕事がピークに差し掛かります。胃が痛い・・・。
しかし 市場は、相変わらず下げてばっかりで・・・。
ここはひとつ気分転換にこの様な本など如何でしょうか?

これ→男たちへ―フツウの男をフツウでない男にするための54章

 再び男たちへ―フツウであることに満足できなくなった男のための63章

別窓 | などなど | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| KONの投資などの日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。