スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
後悔回避の方策

2006-08-31 06:17

私は投資において後悔する事がよくあります。皆さんも一度や二度はあると思います。そこで行動ファイナンスで言う後悔回避の方策について。
行動ファイナンス―金融市場と投資家心理のパズルによれば後悔を回避したり軽減するポイントは責任転嫁とルールの採用、そして中立であると言っています。一つ目の責任転嫁とは、例えば他の人(投資顧問など)からのアドバイスを受けて、もしその投資がうまくいけばそれは自分のスキルのおかげだと思えるし失敗すればアドバイザーを非難することで、自己を防衛し後悔を小さくできる(シェフリン)、と言っています。簡単に言えば月額○○円で投資情報の提供を受けている方などはこれに当てはまります。つまり決定の責任をほかの誰かに移転すると言う事です。しかし私は責任転嫁については非常に後ろ向きな方策であり良いと思えません。二つ目のルールの採用は、慎重な意思決定を標準的な社会的、法規的規範に従って行う、である。このルールに従うという仕組は、後悔回避の仕組みであると同時に自分の弱さを克服する仕組みでもある。後者に面を強調すれば、自己規律の問題に行き着く、と言っています。三つ目の中立は、白か黒かという積極的な選択をせず、灰色という中立策をとる、と言っています。見通しが的中する満足と見通しが外れる後悔を比較すれば、後悔の方が2倍以上ダメージが大きいから文中の例を変えて言えば分散投資を行う、と言う事でしょうか。

以上3点の中で、二つ目のルールの採用に関して、私自身について言えば特に売りについてのルールを明確に定めていません、またそれが欠点である事も十二分に理解しています。反省・・・  後悔回避のためだけではなく投資のパフォーマンスをも決定するであろうルールの採用は非常に重要ではありますが特に売りに関しては、なかなか決められない自分がいます。また私には自己規律という大きな壁もあります。三つ目の中立については、色々意見があると思われます。

後悔回避の方策は単に後悔を回避するためのものだけではなく、投資を行う上で非常に重要な事柄ではないでしょうか。

文中の後悔回避の方策の最後は次の文章で締めくくられています。

後悔についてベルスキーとギロヴィッチには示唆に富む言及がある。いままで取り上げてきた後悔は、何かをしての後悔であった。しかし、人は長期的には「ああしておけばよかった」というように何かをしなかったことを後悔する、というのである。「人々は短期的には失敗した行為のほうに強い後悔の念を覚えるが、長期的にはやらなかったことを悔やんで心を痛めることがわかる。こうした事実はマーク・トウェインの次の格言を裏付ける。『20年たてば、したことよりもしなかったことを嘆くようになる』」。

投資以外についても考えさせられる非常に含蓄のある文章でした。なるほど・・・。

スポンサーサイト
別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
前回の訂正

2006-08-23 23:07

前回のブログへの投稿の内、ニュースを見て追加した内容に間違いがある事に気が付きました。訂正箇所はアンダーラインを引いています。

>私も数億円程度の減資により「外形標準課税」逃れ(回避です)を手がけた事がありますが「外形標準課税」は利益の出ない企業にとっては厳しい税なんです。しかし利益の出ている企業にとっては事業税が減税となり良い税なんです

 

アンダーラインの箇所を次の文に読み替えてください

             ↓

「外形標準課税」は所得の出ていない企業(赤字企業)にとっては本来発生しない事業税が発生する厳しい税なんです。しかし所得の出ている企業(黒字企業)にとっては旧法より事業税が減少する場合があります。

 

 

別窓 | などなど | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
のれん代

2006-08-21 23:03

最近、TOBがニュースや新聞紙上で話題となっています。
あまり関係ないかも知れませんが「のれん」について一言。
株式買収や営業譲渡が行われると、殆んどの場合「のれん」が発生します。「のれん」は財務諸表上2種類の勘定科目名で出てきます。一つは「営業権」もう一つは「連結調整勘定」です。両者の違いは株式買収により連結財務諸表に出てくるときは連結調整勘定となり営業譲渡により個別財務諸表に出てくるときは営業権になります。もともと両者には本質的な相違点はありません。償却方法は連結調整勘定は20年以内の償却、営業権は5年償却となっています。
つまり「のれん」の償却が連結調整勘定償却と営業権償却と勘定科目名が違うだけなんです。

ただ重要な違いがあります、それは税法上の取り扱いです。連結調整勘定償却は法人税法上損金にはなりませんが個別財務諸表の営業権償却は5年間の損金算入が認められます。つまり株式買収と営業譲渡の違いによって法人税等の金額が違ってくる訳で「のれん」の金額が大きくなればなるほどキャッシュフローの違いも大きくなる訳です。

つまらん話題でした。(^^;

先日担当先で聞いた話。ある知り合いの企業が約1年ほど前に某銀行から金融派生商品(金利スワップ)の購入を行い損失が発生したそうです。もともとその企業は優良企業であり又その企業にとって大きな金額ではないためお付き合い程度の気持ちだったのだろうと思うけど優良企業だけに購入を断れるはずなのになぜって感じです。どう考えても某銀行が儲ける仕組みなんだけどな。たしか数ヶ月前に新聞紙上で問題になっていたな。

総務省からのニュース

>利益の有無にかかわらず資本金額などに応じて課税される「外形標準課税」を逃れるため、企業が意図的な減資(資本金の減額)をしている例があるとみて、総務省が本格的な調査に乗り出した。減資による課税逃れの可能性は、外形標準課税が導入された04年当初から指摘されていたが、資本金100億円以上の企業が課税対象外の1億円以下に引き下げるような極端なケースも出ている。課税逃れの実態が明らかになれば、税額の算出方法の見直しも検討する。

私も数億円程度の減資により「外形標準課税」逃れを手がけた事がありますが「外形標準課税」は利益の出ない企業にとっては厳しい税なんです。しかし利益の出ている企業にとっては事業税が減税となり良い税なんです。

ネタが無い・・・。つまらん話題ばかりでした。(^^;

別窓 | などなど | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
宗久の本

2006-08-20 10:30

先日書いた本間宗久に関する書籍ですが、読了。

宗久は米の相場師であり、米一本のため株式投資のように銘柄の選択などの記載は無いためどうしても内容量は多くありません。また今日の株式投資にとって役立つ項目のみ解説されているためなおさら少なくなっているようです。量的には立ち読み出来ます。ただし本人が書き留めた「本間宗久翁秘録」全文は書籍の後半に記載されていますが私には良く分かりません。( ̄  ̄;)

特別な秘伝が記載されている訳でもなく投資の基本が解説されているだけですが微熱のある個人投資家にとっては良薬となるでしょう。(⌒~⌒)

私は解説されている量的には不満がありますが、書かれている内容は基本的なことではあるけど相場で成功した本人の思いが凝縮されている言葉であり重みを感じました。

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
本間宗久など

2006-08-18 21:39

先日、吉本佳生氏の金融工学マネーゲームの魔術をパラパラと再読していました。この本では、金融工学の実用性に対して批判的な立場で書かれています。
つまり金融工学を極めたとしても投資において高い収益をあげる事は出来ないと言っています(金融工学の本質が解り易く書かれています)。
私も金融工学は個人投資家において実用的ではないと推測します。
ただし吉本佳生氏は学問としては非常に魅力的な分野であると言っています。
私は間違っても金融工学を極めようと思いません。個人的に興味のある方はどうぞ。

注)吉本佳生氏の著書では金融工学の悪魔―騙されないためのデリバティブとポートフォリオの理論・入門が有名です。

昨日上記の書籍とは正反対の書籍が届きました。それは相場秘伝 本間宗久翁秘録を読む―希代の天才相場師に学ぶ必勝の鉄則です。以前購入しようと思ったけど定価1700円にプレミアがついて10000円ほどになっていましたが、運良く新品同様の状態でありながらアマゾンで4000円で購入できました。パラパラみた限りでは投資において当たり前の事が書かれています。しかしその殆んどが個人投資家にとっては出来そうで出来ない事ばかりなのです。判っているけど・・・。これが出来れば勝者となるのか?
何度読んでも耐えうる価値のある書籍かも知れません。

 

別窓 | 図書館 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
速読術

2006-08-11 06:52

書店でパラッと見た限りでは面白そうだったので、王様の速読術と言う本を買ってみました。フォトリーディングは上手くいきませんでしたが、何故かこの速読術は感覚的に受け入れられそう・・・。(  ̄∀ ̄)

ある上場企業の創業者の方(蔵書が数万冊)のインタビューでどの様に本を読んでいますか?と質問された答えが、まず著者が書いている「まえがき」や「目次」の部分を時間をかけて読んで、読むべき本かどうか判断すると言う答えでした。この本もまず「目次」等に時間をかけて本の構造を理解しようと書いています、またアウトプットの重要性を説いています。私は速読術をマスターするためと言うより本の読み方の解説本として購入してみました。本当は立ち読みで十分な本なんですが何故か非常に興味が沸きました。

この数ヶ月を振り返ってみると売買のタイミングが非常に悪いの一言に尽きます。そうなんです私はトレードが下手なんです(上手い人はあまりいないと思うけど)。第一四半期が好調な銘柄を確認しようと思っています。市場はまだまだなのか?

別窓 | などなど | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
先は長い

2006-08-08 21:34

最近、知人が嵌ってます。→GoogleEarth(グーグル・アース)皆さんもダウンロードしてみてください。検索機能などは凄いの一言です。軍事施設なども一部見れます。自宅なども検索機能で一発です。ただ田舎は画像の精度が低いらしいです。

メガチップスが今日一時的にかなり下げました。買えなくて残念。そして地味な所有銘柄は相変わらず地味な動きでした。日曜日に「がっちりマンデー」に取り上げられたフェイスを、月曜日に購入した個人投資家の方はこれからどの様に行動するのだろうか?テレビを見て慌てて月曜日にフェイスを購入しなくても割安になっている銘柄は他に沢山あると言うのに。フェイスホルダーとしてはテレビに取り上げられた事による短期的な株価の変動には興味ありません。先は長い。

別窓 | 投資 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
嫁さんの習い事

2006-08-05 10:22

明日は嫁さんの習い事の発表会です。また義母の発表会でもあります(2人は同じ習い事をしています)。年に一度の発表会なので外す訳にはいきません。今日はリハーサル等があり明日も早くから準備があり会場のホールまで距離もあるため今日は家族で現地に宿泊します。
仕事で新会社法のもと連結会計の適用を受けようとする企業があり、私の担当ではありませんが改めて連結会計を商法、会計、税制等の立場から復習してみようと思っています。まだ暫らくは新会社法や税制改正等の話題がつきません。

投資の方は暫らく持株をホールドします。あすの朝「がっちりマンデー」にフェイスが登場します。私は一時的な株価の上昇を期待しているのではなく、フェイスと言う企業を広く知ってもらう絶好の機会が全国ネットのテレビ放送と言うメジャーなメディアで紹介されると言う事が嬉しいのです。
フェイスの全ての事業が紹介されることを期待しています。

メガチップスが下げましたがその他の地味な銘柄は堅調です。

別窓 | などなど | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
テニスの試合

2006-08-01 07:22

日曜日はテニスの試合(団体戦)でした。本来は23日でしたが雨で延期となった試合です。久しぶりの試合で結果は3位でしたが団体戦という事もあり一緒にエントリーした仲間達と楽しい一日を過ごす事が出来ました。当日、初戦は絶不調でしたが試合をするたびに内容が少しずつ良くなりもう少し練習を積み重ねていけば以前の感覚が取り戻せそうです。ただ当日は真夏日という程ではありませんが熱い一日となり水分補給などが大変でした。8時30分より試合開始で5時くらいに終了するまで(当然待ち時間の方が多い)5試合を行い1日で約3ℓ強の水分補給を行いました。私は以前軽い熱中症になった経験があり水分補給には気をつけています。唇が乾いている状態はすでに軽い脱水症状で頭痛などがしてくるのも同様です。私の場合は開会式などを行っている時に300mℓほど水分をまず摂っておき試合中だけではなく次の試合を待って待機している時でも常に少しずつ水分補給を行っています。私は水分補給にはポカリスエットより甘みの少ないアクエリアスにしています。本来はスポーツ中はスポーツドリンクを2倍に薄めたものが良くスポーツ後は薄めないものがいいそうです。
私はクーラーボックスに入れたアクエリアスと冷たい水とを摂っています。
体力消耗のため首にバンダナなどを巻くのは大変効果的です(キャップは言うまでもありません)。

投資の方はというと私は信用売りはしないため5月くらいから当然の如く不調です。せいぜいCPを上げ下げする程度です。そろそろフルに投資する時が来たのか?最近私はフルに近くなってきました。そういえばフルインベストメントの是非について議論されているブログがあったけどどこのブログだったかな?投資目的、期間、資金量、目標利回り、年齢、収入、環境などが違えば当然最良の投資法や考え方も違うのは当たり前かなと思います。私は一時的なフルインベストメント状態はあります。市場も少し明るい兆しが少し見えてきた様な気がします(私だけでしょうか)。買いごろの銘柄は今沢山あります。私は短期投資銘柄では収益性の期待出来る銘柄を買っています。長期投資銘柄の一つのフェイスは、少し上げましたがまだまだお買い得でしょう。私はフェイスには痛めつけられています。(T_T)

 

別窓 | などなど | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| KONの投資などの日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。