スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
なんと3冊も

2007-01-26 06:55

私は中国の古典物や日本の歴史物や経済小説など大衆文学系の本が好きです。純文学(?)の村上春樹氏などは買ってはみたものの少し読んではあまり興味が沸かなく本棚からも消えてどこかダンボール箱奥深くへ。しかし最近ノーベル賞受賞か?のニュースなどがあったためトライしてみようと本を探したけど見つからず、再度書店で購入して読んでみると「風の歌を聴け」「ノルウェイの森」など先が気になりなぜ退屈したのか不思議でならない。先日、倉庫のダンボール箱をひっくり返してみると再度購入したものと合わせて知らない間に「ノルウェイの森(上)」がハードカバー1冊、文庫本2冊と計3冊となっていたのには驚きました。十数年前よりトライしてたんですね。ちなみに「ノルウェイの森(下)」は文庫本1冊のみです。いくら「ノルウェイの森」が好きでも3冊持っているのは古本屋の他には私くらいだろう。

さて投資は、昨年度11月上旬にアセット・マネジャーズをそしてシンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ を日興の件のときに売却してそれ以来不動産・不動産流動化等の銘柄は焼けどしそうで触らず。不動産・不動産流動化等の銘柄は投資家のおもちゃになっているようで残念でならない。今年になって購入した銘柄は、フェイス(買い増し)と打診買いがナイスクラップ、萩原電気、ウィザス、三谷セキサン をほんの少しずつ。4銘柄はCPが少し高くなり買いたい病がでたため市場評価が低い(と思う)少し堅めの銘柄として購入しました。これらは1銘柄くらいに絞り込むつもりです。私は大型株はあまり買いませんが住友重機は1000円くらいまで再度落ちれば打診買いを叩き売ってでも買いたいけど。無理だろうな。

フェイスについては今期決算時にMVNO事業について撤退か或いは新たなる展開の報告があれば良いのだが、とにかくどっちかはっきりしてほしいと言うのが私の希望です。ウェブマネーの上場の発表はいつなんだろうか?

スポンサーサイト
別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
どうなのよフェイス

2007-01-17 20:26

私が保有する含み損ナンバーワンのフェイスについて少しだけ。

私は基本的にフェイスの経営陣は結構気に入ってます。平成18年11月17日発表の短信について思う所を簡単に書きます。詳細については短信を読んでください。

①MVNO事業(ご存知の悩みの種)
前期は営業損失7億円、今期中間まで営業損失8億円となっています。収益が殆んど無い。つまり営業損失≒営業費用となっており通期では営業損失8億円×2なのか?少なくとも営業費用は、ほぼ8億円×2だそうです。(IR確認済み)
現在は試験的な試みのエリアを少し広めている段階であり09年までに黒字化を目指しています。09年までに達成できるのか?正直なところ疑問。蒔いた種から芽が出るのか?

②コンテンツ配信事業
売上はギガの営業権の取得などにより前期比34%増ですが営業費用/売上が前期70%に対し今期85%で結局営業利益が30%減です。これら営業利益の減少理由は、のれん償却のほか販管費増加であり今期だけに限った事ではなく経常的なものですね。国外での増収(配信サービス)を期待します。

③電子決済事業
今後期待できる事業だが国外においては国内ほどの利益率は見込めないようです(IR)。ゲーム関連はほぼ独占だけど一般関連ではまだまだです。楽天と組んだね。

あと気になる点は、
④所在地別セグメントにおいて国外は売上が微増。国外の配信サービスは増加しており全体的に黒字基調との事(IR)だが国外営業費用の増加部分(特に米、ブラジル)は何なの?しまったIRに聞いてないな。

⑤特損の30億円はグッディポイント㈱が原因らしいがよくわからん。監査法人の指導であり今期のみとの事(IR)。

⑥ウェブマネーの上場準備は既に行われており時期については解りませんが06年3月期は通期で黒字(うち上期は赤字)でした。株主さんは、上場時期を予想してください。本社幹部によると証券会社の時価評価はフェイスと同等くらいらしい。ホントなんだね~IRさんよ。これにより借入金減少或いは手持ち資金増。しかしこれは一時的なものであり、有利子負債が無くても市場評価の低い銘柄は沢山あるわけで今回のウェブマネー上場だけをあまり期待してもね。第一に国外の収益増加と利益率の改善により増益お願いしたい。

2月の第3四半期を待ってからでも良かったけど今年になって買い増ししてしまいました。これ以上の大きなマイナス要因は無いと判断しました。

それとフェイスの音源技術をクワルコムが採用したことによりKDDIも間接的に採用されこれで国内はドコモと合わせてほぼ独占だけど、クワルコムの世界の現在のシェアーは約15%らしい(間違いかもしれません)これにより今後ライセンス事業の国外収益がどの程度増加するのか?調べてから買えよと自分自身に言いたい。実はフェイスの事あまり分かってないのか私は?

とにかく今後最も注目すべき点は国外のコンテンツ配信事業及び国外の電子決済事業の利益でしょう。国外がだめなら撤退かも。

 

 

別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
監査法人は信じていいの? 追加あり

2007-01-08 23:42

私には少し嫌気がさしている事があります。それは粉飾決算です。監査法人だけの問題ではありません。最近では(株)日興コーディアルグループ の粉飾決算などは醜いの一言です。証券会社が粉飾後に社債発行するかよホントに~。言い訳がまた酷い。一社員の責任だって。余りにも幼稚な言い訳に呆れた人多いよね。会長、社長辞任、5億円支払いで終わるのか?この様な問題は監査法人及び(株)日興コーディアルグループ両者に厳罰をお願いしたい。

投資家は監査法人の監査業務を信じてよいのでしょうか?
相互リンクして頂いている石坂さんのサイトにも書き込みましたが監査法人の監査に関して、連結問題や期間損益の問題など過年度の監査について今後問題(見解の相違)が発生しないのか心配です。監査法人にはプライドをもった監査をしてもらいたいものです。

そもそもディスクローズされた情報が信じられなければ何を信じていいの?上場企業の役員の皆さん及び監査法人の皆さん、情報には真正さと適時性が重要なんですよ。お願いしますよホントに。見てないか。

こんなの出るくらいですからやはり問題なんでしょうね。
「公認会計士・監査法人制度の充実・強化について」

昨日百貨店に行った時催し物の隣に時計売り場があったのでよく雑誌に広告が出ているグランドセイコーのSBGA015を見せて頂きました。グランドセイコーのSBGA015はかっこ良かったな~。唸ってしまいました。時計と言えば外国製と言われる方が多いと思います。私もその一人であり昨年買ったばかりなのでグランドセイコーのSBGA015は買えませんがシンプルすぎるほどシンプルだけどかっこいい(手仕上げらしい)。セイコーが自信を持って送り出したものです。
今は誰もがしているR社(私もスポーツタイプですが)よりもかっこいいと思っています。一度実物を見てください。実物は違いますよ。

これです→グランドセイコーのSBGA015

 

別窓 | 投資 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
あけましておめでとうございます

2007-01-03 19:05

昨年は、銘柄の研究をすっかり怠けてしまい、また近道を求めてしまい投資行動にブレも生じた一年でした。しかし大変勉強になった一年でもありました。

ふと思い出したのがアレックス・ロビラ他の「Good Luck」でした。
昨年の私はこの本の中に出てくるノットの様なものでした。
今年の私はこの本の中に出てくるシドの様でありたい。

投資方針を投資ノートにシッカリと書き込みます。壁にでも張るか~。

「高い地位に到達できないのは、たいてい単にこつこつと働く意欲に欠けているからだ、才能や能力が足りないわけではない」 バルタザール・グラシアン 賢人の知恵より

「有能な人は、常に学ぶ人である」 ゲーテ ゲーテ格言集より マルティアリスのことばからとったものらしい。

皆さん自信を持って学びましょう。学び続ければいつかは目標が見えてきます。と自分自身に言っておこう・・・。

本年も宜しく。

 

別窓 | 今日の一言です | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| KONの投資などの日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。