スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
お急ぎの方のために

2007-10-31 21:24
「本を読む本」M.J.アドラーを読了。読書技術の本ですね、良いと思う。

お急ぎの方は、少なくとも目次、第一部1読書技術と積極性、第二部分析読書のまとめ172~174ページ、第四部15読書と精神の成長以上。今日買った本は「歴史学の名著30」山内昌之著。「進化しすぎた脳」 (ブル-バックス) も面白そうだったけど買って読んでない本が増えてしまうのでやめた。

投資の方は、今週少し回復した。がまだまだだな。
スポンサーサイト
別窓 | などなど | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
昨日は疲れた。

2007-10-24 02:30
昨日は、中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画の研修。2年ほど前から年に1回研修を受けているので3回目。車で1時間程にある場所まで結局往復だから2時間運転。実際には担当先の法人への申請はまだ経験なし。法人が留保金課税などで有利になるので独自に申請したとこがある程度かな。その後、ナイターでのテニスが原因で腰痛が少し。

先日買った「はてしない物語」(単行本)は自分が読むというより子供達が数年後に読むかなと思い買ったんだけど、装丁の美しさにはびっくりした。さすが岩波だな、あくまでも単行本のほうだけどね。

しかし市場もお寒い限りだな。武者さん(D証券)は確か年末にかけて日経が20000円に!と言ってたと思うけど。 本当に行くのかねこの調子でまだわからんけどね。

やはり曲がり屋なのか?

別窓 | などなど | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑

2007-10-20 08:50
さすがと言っては何だけど、川澄化学工業(株)も動かんな~。
期待してるんだけど来年かな。お気に入りなんだけど。
協和発酵みたいにTOBされてもおかしくないよ。クラレ、旭化成なんかに。

昨日は嫁さんと子供が実家(車で20分)に帰っていたので野球を見ながら読み忘れていた日経ビジネスを開くと内田 樹氏が写真入りで登場。つい最近この人のブログをチラッと見たところだった。かなり人気があるそうだがよくわからん。なんと嫁さんの母校の教授じゃないか。

今夜は本でも読もうかと思い・・・・・・・・・・・・・そのまま寝てしまったよ!!!

おきてチャンネル回すと田原総一朗の顔が・・・今日は相撲か。
ちょんまげ副大臣は威勢がいいな~。日本相撲協会には強い、まるで鬼の首でも取ったような勢いだ。来年そうそうに公益法人等の見直しがあるらしい。間違いなく脅し文句に使ったな・・・。こいつは体育会系ヤ○ザだから。

ちょんまげ切ったはずじゃなかったのか? また伸びてるよ。

しかしニコニコ動画で見た亀一家の謝罪会見を勤務先の数人で見た。画面上に流れる投稿コメントを見て笑いすぎて涙が出たよ。しかし亀2は大人たちに振り回されて可哀想だな。







別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
驚くんじゃないよ!

2007-10-18 07:06
これぞ無敗男たち。2Rは凄すぎる

結局ミゲール・コット(現WBA世界ウェルター級王座 )がリカルド・トーレスを7RにKOした。ミゲール・コットの脳はどこにあるんだ?





別窓 | などなど | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

2007-10-16 07:46
今日買ったもの。
「本を読む本」M.J.アドラーと「はてしない物語 」(単行本) ミヒャエル・エンデ
残念ながら株ではない。投資のブログではなくなってきたな。
「はてしない物語 」は映画「ネバーエンディングストーリー」の原作です。子供のために買いました。
「本を読む本」は、読書技術を高めるために買いました。興味のある方は講談社学術文庫なので書店で見かけたら目次だけでも見てみたら。

所有株達は年末から年初までには騰がると見たが・・・。今はあまり所有してないんです。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
危うい?

2007-10-14 10:53
数日前よりhttp://booklog.jp/で本棚を作成している。所有する本を全て入力する訳にもいかず
厳選しようと思うのだけど、その厳選する趣旨を決めかねている。そんなに見る人もいないのであまり
気にする必要もないのだけど。

たーちゃんさんのブログに面白い調査結果が出ていた。「富の移転 」じっくり見てみよう。
見事ととしか言いようがない。私も笑えないのだ。

自分が買う時に売ってるのは誰だ?自分が売ってる時に買ってるのは誰だ?
我らと同様の個人投資家か?それとも機関投資家か? 考えてみよう。
機関投資家ならおそらく負けだろう。
個人投資家なら勝てるかもしれない。戦うのは個人投資家でなければならない。
どうすればよいのだろうか?
機関投資家のいない土俵で戦うか或るいは長期投資を決め込むか(澤上さんの様な)。
相手がどちらでも「安く買って高く売る」これが出来れば一流なんだが・・・。

孫子の中に「敵を知り己を知れば百戦危うからず」と言うのがある。

まさか敵も知らず己も知らずにやってないだろうな・・・。
自分のこと言ってる様な気がしてきたよ。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
中国古典もの

2007-10-07 07:28
最近、中国古典ものの二次ブームが私の中で起こっておる。先日あるブログのコメント欄に書いたのだけど、ネットで中国の正史、思想、文学などを探していると「新釈漢文大系」や「中国古典文学大系」といった全集があることがわかった。ネットで古本全集を探すと定価より遥かに安く(でも高いけどだいたい15~20万円くらいだった)手に入りそうだったので思い切って買ってみうかと思案した。とりあえず現物を確認したく近くの古本屋を探すとわずかに「中国古典文学大系」の不人気系(良く解らないけど)の数冊があったので見てみると非常に読み難くまた理解し難い感じがした。特に読んでも理解し難い文脈が気になった。私の様な者にも解るように書いてよね。おそらく「新釈漢文大系」も同様だろう。「中国古典文学大系」が全60巻で「新釈漢文大系」が100巻を超える。と言っても難しいものだけではなくて「金瓶梅」 といった男女泥沼物語といった大衆文学ものも沢山入っているようです。

高額なのと死ぬまでに読めそうに無いので購入中止。しかし欲しい。

そこで徳間書店の「中国の思想」「史記」「十八史略」など以前読んだ物とは別ものだけどセットになっているので買い揃えてもう一度読んでみようかと思う(管子、呉子、易経、列子などは読んだ事は無い)。この様なものをセットで持っていれば子供達が将来読むかも知れない。

しかしここで問題がある。例えば「論語」で言うと、普通は「原文」のみを読む人はいない。一般的な本は「原文」「語釈(注釈)」「本文(訓読・書き下し文)」「解釈(現代語訳)」「背景(解説)」といった内容になっている。ここで問題は著者が読者に解りやすくするため解説を深くすればすれ程著者の考えが色濃く反映される事になってしまう。論語などは数多くの著書が出ているぶんその解説は様々である。例えば有名な論語の学而最初の一文中の「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」の解説において大雑把に言えば①旧友が遠方から来た、こんなうれしいことはない②学んでいく中でしだいに同志ができてその同志たちが遠方よりきてくれた、こんなうれしいことはない③志を同じくしている旧友が忘れることなく遠方から来た、こんなうれしいことはない。

この様にこの一文だけでもかなり違っている。論語の著者には金谷 治 吉川 幸次郎 木村 英一 諸橋 轍次 吉田賢抗 渋沢 栄一 安岡 正篤 加地 伸行 久米旺生 村山 まこと 守屋 洋など多数の方がいる。著者の選択でおそらく読み手にとっての受け取り方にかなりの違いが出てくる様に思う。ま~違いがあっても一粒で二度美味しいと思えば良いのかも知れない。むしろ違いがあっても良いのだと思う。じゃ~何冊も読まなければいけないのか?そんなことはない。 この一文だけで比較すると私の好みは③に近い吉川 幸次郎でしょうか。

外国の書籍で訳された本なども同様に考えておかなくてはならない。あるでしょ、読んでも理解し難い本というより理解出来ない何て書いてあるの?と言う本が。こんな本は読まなくて良い。

小難しいことはおいといて私は中国の「中国の正史」特に「史記」を再読してみようと思っている。それと私のお勧めは「荀子」「戦国策」「礼記」です(ま~私も読了してないですけど)。最近、読んでると眠たくなるんだよね~。特に子供と一緒に寝ると再度起きられない。だから最近は書籍収集家になってる。読みたい本いっぱいあるんだけど。

そうだ、ラージャって人が「中国・ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日」が面白いって書いてた。
 
本当に投資のブログじゃなくなってきたな。投資ですか?今は動きません。

和田○○子、傲慢じゃない?エライのこの人。単なるおばちゃんだと思うんだけど。私は某アイドルのファンじゃないけどね。

別窓 | などなど | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
少し寂しくなったな。

2007-10-03 23:16
FC2ブログに引っ越してからブログの紹介ばかりだが、今日は残念な事になった。私の最もお気に入りのブログのフランス男さんのブログが少しばかりお休みになる。体調がすぐれない様子だったので治療に専念するのだと勝手に想像している。

フランス男さんとはブログのコメント欄への書き込みから始まり数度のメールのやり取りである事(投資ではない)について教えて頂いた事があった。推測だが年齢は40代後半から50代くらいだと思う。当然投資のプロであり講演なども引き受けている様子だ。また西洋、東洋の思想や哲学に精通しておられてかなりの読書家で人間が豊かにそして正しく生きて行く上で必要な根っ子の部分をしっかりお持ちの方でもある。私はフランス男さんが投資のプロである事よりもこちらの方に興味を持った。ほんの数ヶ月前に知った方だけど非常に私にとっては影響を受けた方である。早くブログの再開をして欲しいものだ。

そうそうあまり教えたく無いのだけどブログはこちら→http://plaza.rakuten.co.jp/toushiyuugaku/
時間のある方は少しばかりコメントも含めて読んでみて!

ラージャさん、少しばかり寂しくなるな~。

注)ラージャとは知性のサプリ一番のファン(だと思う)である。この男は非常に才能豊かであり知性と教養を持ち合わせている様に思うが、どうも人の言う事を聞かないらしい。それがフランス男さんさんの悩みの種でもある。
別窓 | などなど | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
| KONの投資などの日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。