スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
参ったよ

2008-01-21 21:49
参ったよ。
私の居住する市の、お隣の市に勤務先と家内の実家がある。隣と言っても共に車で20分位だけど。
昨日は、出掛けていて雪のため家に帰れず家内の実家に家族4人がお泊り。朝も雪のため帰れず今日は、ジーンズで出社した。子供達は仕方なくお休みとなり雪だるま作成。一日中社内に居ようとしたが担当の医療機関からお呼びが・・・。なにげにジーンズとダウンジャケットで「こんにちは」。院長は「???」。私は何食わぬ顔をして用を済ませて「さようなら」した。

先ほど、読んだ本やまだ読んでない本を片付けていたら中島敦の「山月記・李陵」岩波文庫が目に留まった。山月記はなんとも切ない、僅か10ページ程度なんだけど言いようの無い切なさがある超名作だ。???以前も書いた様な気がする。
スポンサーサイト
別窓 | などなど | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
あるオヤジ(故人)

2008-01-13 11:29
あるオヤジ(故人)が人生についてこんな事を言っている。

「私のやり方はこうである・・・」
「あなたのやり方はどうだね?」
「決まったやり方など存在しやしない」

以上

私も一つの方法しか認めないという人には係わりたくはない。
そう、自分がその様な人間になってしまわない様に気をつけねばならない。たとえ今上手く言ってるからといってなにも新しいものを拒む理由はない。新しい事にチャレンジするのも楽しい事かもしれない。


昨日、NHKスペシャルドラマ・感染爆発を見たが、新型インフルエンザウィルスの恐ろしさ見た。NHKも最近良い番組が多いと感じる。

私は2年前罹ったノロの恐怖がいまだに忘れられない。脱水症状が激しく5日間の入院となったのだ。早く春が来て欲しいものだ。
別窓 | などなど | コメント:28 | トラックバック:1 | top↑
久しぶりに投資について

2008-01-12 01:23
久しぶりに投資について考えているところを書いてみたい。

このところ大型株、小型株を問わず市場での下げが激しい。
個人投資家においては評価損をたっぷり抱えている人も多いと思う。
私はパフォーマンスを決めるのは、市場の状況、投資家の心理状態が大半を占めて、あとは投資方法が2.3割程度だと思う。この事について言うと。

まず市場の状況について言えば、昨年度後半からの様な状況で勝つのは、どの様な投資法を用いても個人投資家にとっては難しい。ハイリスク(不確実性の高い状況)をとれば可能かも知れないが市場からの退場を覚悟しなければならない。つまりこの様な市場の状況が長く続けば勝つことは殆んど難しい。逆に市場の状況がバブル状態にあればどの様な銘柄を買っても楽勝間違いない。したがって一般的に市場の状況とパフォーマンスは大いに連動する。
この時期に勝つのは普通じゃないだろう。変態だな。

次に投資家の心理状態について言えば、一般的な個人投資家(大衆)がまだ洗練されていない心理状態で思うがままに投資(売買)を行えば損失がだんだん大きくなると勝手に推測。このことは私を含めて一般的な個人投資家(大衆)が経験済みだと思われるがこれに異を唱える投資家の方はいないのではないか。よく言われるように市場で勝つには一般的な個人投資家(大衆)の逆を行かなければならない。ここで一般的な個人投資家(大衆)の行動をあげれば「最初に設定した売買ルールを守れない事」などがその最たる例であり、株価爆下げ時の行動において顕著に現れる。この投資家の心理状態も市場の状況と同様にパフォーマンスと大いに連動する事は私の個人的な推測ではなく多くの書籍に書かれている事は皆さんも承知している事と思うが。

次に投資方法について一般的に、所有期間、銘柄の選択、売買などにより数多くの投資法がある、どれが良いのか私には解らないけど・・・。
私が個人投資家にお勧め投資心得と言えば・・・昨年度大損こいてるお前が言うなって感じなんだけど私のブログなので勝手に言わせてもらう。

当たり前だが投資資金は余剰資金で行うこと。使途が決まっている資金では間違いなく売買に影響するからだ。次に自分の投資法を決めてそのルールを必ず守る事の2点にある。

じゃ~その投資法は?(一般的には投資開始年齢、投資金額、投資家の環境、目標などにもよるんだけど)
私の投資は、長期投資と書いてるけど実際は長期・中期投資、時折、投機有りってとこか。売買は安くなって買い、高くなって売る(また目標売却価格が問題なんだな)。これが上手くいかないんだ。逆に高くなって買い、安くなって売るって事があるけどこれは大衆以前の問題。難しい。

長期投資家の方の中には、今回のような株価下落は長い投資期間における買い時であって喜ばしい事だと言い切る方もいる。これりはルールを守る強いメンタルがいる。

次に私が勝手に考える銘柄選択を簡単に言えば、定量分析、経営陣(企業)の体質、商品や技術など。(当たり前だけど難し~い)

睡魔の中で中途半端な内容になってしまった。書く事はまだまだあるんだけど。眠い。寝ることにする。

別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
買い

2008-01-08 07:10
昨日、東証一部銘柄を少し買ってみた。大丈夫か?

それと「貞観政要」買い(読みやすい徳間書店版)。これは書店でけっこう立ち読みしていた、いつか買おうと思っていた絶品の書籍だ。読み物語として楽しんで読める一面もある。唐の太宗(李世民)は武将として皇帝としてカッコいい。私の好きな人物である。

「戦国策」も欲しいけど次回にしよう。購入する本に偏りが出ているのでビジネス本(バカ本かもしれないので書名は書けない)も合わせて買い。パラパラと見た感じ良識的な本だと思う。
別窓 | などなど | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
本棚を作ってみた

2008-01-03 13:28
明けましておめでとうございます
本年も宜しくお願い致します

作りかけになってたウェブ上の本棚をここで作成してみた(ただ今作成中)。
投資関係の単行本は、一般的に良いと言われている本を80冊ほど買っていた。あと20冊くらいは毒にも薬にもならない本(うち数冊は毒薬になる本)でおおよそ100冊くらいあった。
デイトレ系やテクニカル系はないけど、あっデイトレードって本は書名で誤解しない様に、それとテクニカル系では投資苑があったな、これは心理的な内容の部分で購入した。あと投資を初めた当時にテクニカル系を2冊ほど買ったかな? テクニカルは読めば読むほど解らんから今はお蔵入りしている。

今回は投資本だけの本棚を作成していたけど、50数冊の登録のとこで本棚の並びが変更できない事に気が付いた・・・適当な順で登録してたので一気にヤル気を無くしてしまった一時中止。「更新」ボタンを使えば多少順を変えれるけど思ったような配置が出来ない。カテゴリーを幾つか作れば出来るけど・・・・・。子供達の相手もしないといけないのでこの辺にしておこう。いつか別のカテゴリーも作成することにした。

投資本だけではなく、歴史本、思想本、子供に読ませたい本、自己啓発本、仕事関係本、文学・小説本などのカテゴリー別に作成していってみようとか?と突然思い立ったけどいつになるか解らんな?


とりあえず投資本だけの作成途中の私の本棚→KONの本棚

別窓 | 図書館 | コメント:2 | トラックバック:1 | top↑
| KONの投資などの日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。