スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
昨日は研修

2008-07-24 07:03
昨日は、先の国会で成立した中小企業経営承継円滑化法の研修を受けた。この法律は国が経営承継を円滑に行えるように納税猶予や金融支援を行う法律だ。だが実際にはそう簡単ではない。と言うのは現在の中小企業にはそもそも後継者がいない場合が意外と多くなっており、いたとしても経営者になることを迷い続けている後継者が多いのが現実だ。

一人っ子である私の家内の実家も以前に事業を行っており10年ほど前に大手上場企業に営業譲渡を行った。結婚当初、私には家内の実家の業種の知識が全く無い状態だったが家内の両親より、暫らくは番頭さんに営業等を任せて総務面を私が行い数年経過すれば事業内容も理解出来るのではないか?とも言われたが、私には経営的な能力が無い事は私自身が一番知ってるし、傍から見てるほど経営は簡単ではない事だけは私は知っている。その様な話も家内の両親に話した。家内の両親もすぐにそれを見抜いた様だ。笑 

哲人が言ったように、私は無知である事を知っていたために最良の判断が行えたと思っている。

家内の両親には、せっかく軌道に乗ってる事業を後継者がいないために営業譲渡しなければならない状況になったことは申し訳ないと思ってる。しかし後継者として能力の無い者がその職につく事は、従業員の不幸でもある事も理解しなければならない。

後継者は、少なくともその業種(仕事)を好きでなければならないのではないかと思う。


こんな事があった。掛けてあった家内の洋服を見て。

私   この洋服可愛いね(たまには褒めとこう・・・)

家内  もう3回ほど着てるけど。ニヤリ

私   知ってるよ・・・・・。汗(言うんじゃなかった)

家内  知ってたの? 笑
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
マキアヴェッリ

2008-07-19 09:25
最近、塩野七生の本をパラパラめくっている。
彼女の著書に「マキアヴェッリ語録 (新潮文庫) 」がある。非常に読みやすくてマキアヴェッリの凄さが解る。「君主論」を読むならまずこれから読んだ方がいい。

格言集だとか語録といったものは、結論部分だけで意外と読んでも解り難く本当の意味するところが理解出来ないのではないかと思う事がある。だがこの本は非常に良くできた本だと思う。

新潮社版の「ゲーテ格言集」を読んでみると解る。何を言ってるのか私には理解出来ない。本当はかっこよく読みたいんだけど・・・。


別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:1 | top↑
今は買いどきなのだろうか? わからん。

2008-07-12 08:38
マルクス・アウレーリウスの「自省録」の訳をしているのが神谷美恵子女史であることに気が付いた。
この方は、溢れんばかりの才能と優れた人格を持ち合わせた女性で近頃の自信過剰の女性など吹っ飛んでしまう方である。いつか著書を読んでみよう。

塩野七生の「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 」と「コンスタンティノープルの陥落」を買ったのだがこのチェーザレ・ボルジアはルネッサンス時代の英雄で、惣領 冬実と言う方がコミックマンガでチェーザレ・ボルジアを描いているがマキャヴェッリなども出てくる本格的(?)なマンガらしい。

投資の方だけど、待っている状態でPFは数銘柄だけで金額も少ない。

別窓 | などなど | コメント:10 | トラックバック:1 | top↑
二代目経営者に

2008-07-03 07:05
財務が解る本がないかと相談をうけたのでPL/BSとCFとの関連が理解できそうな本がよいだろうと思っていたところ書店で関連が理解できそうな本を見つけた。この本が理解できれば中小企業経営者としては申しぶんない。薦めておこう。
超図解「財務3表のつながり」で見えてくる会計の勘所超図解「財務3表のつながり」で見えてくる会計の勘所
(2007/11/16)
國貞克則

商品詳細を見る


中小企業の経営者でPL/BSとCFとの関連を理解している人はかなり少ないように思うが、ここの所を理解しないで経営をしているところが怖い・・・。右肩上がりの時代は良いのだけど。
別窓 | 未分類 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
| KONの投資などの日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。