スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
手帳を買った (改)

2008-10-26 10:25
昨日、来年の手帳を購入するため書店に寄った。手帳といっても私の場合は1年が終わってみると手帳はあまり活用されてない場合が多い。手帳の様式が悪いわけではないのだと思うのだけど・・・。

書店ではコーナーいっぱいに手帳が並んでいる。

私は、仕事でもプライベートでも月単位での記載の方が良く、細かい点については毎日の予定欄に記載する方が好みだ。と言っても今まで毎日の予定欄はそんなに多くのことを記載していた訳ではないのだけど。

来年からは、仕事もプライベートもガッツリ記載していこう!

多くの手帳を見てみると私が最も嫌いな週単位での週間ダイアリー形式の物が多いのにびっくり。

ん?

手帳の中に「ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。 」があった。買って読むほどのものではないのでパラパラッと見た。なるほど、ほぼ日手帳という手帳の公式ガイドブック なのか。

この本を見てると、こんなほぼ日手帳CLUBなるものまである。

さっそく帰ってサイトを見てみた。手帳は糸井重里氏の、ほぼ日刊イトイ新聞 のサイトから購入できる。

でもって買ったよ。
これを買った。届くのは一ヶ月後くらいらしい。革カバーもある。が私はナイロンカバーで良い。

これは月単位のページと日単位ページが中心なのでよい。手が込んでそう、なんといっても文庫本サイズだ。昨年度はA5版サイズで扱いづらく感じたため私には文庫本サイズがちょうど良い。ちなみにCOUSINと言うA5判サイズもあります。


投資だけど、金曜日もう少しで携帯でクリックしそうだったが思いとどまった。
スポンサーサイト
別窓 | などなど | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑

2008-10-23 23:17
先日、見逃した姜尚中氏が出演したので、TV小僧でみた。このTV小僧はけっこう楽しめる。特にNHK系のものは楽しめる。

ということで、
悩む力 (集英社新書 444C)悩む力 (集英社新書 444C)
(2008/05/16)
姜尚中

商品詳細を見る
を買った。

この方は以前より朝までテレビでおなじみで政治学が専門だかこの本は政治学の本じゃない。題名みればわかるよね。笑

少し読んだけど面白いと思う。






別窓 | 未分類 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
久しぶり

2008-10-17 17:00
あまり練習もしていないけど久しぶりにテニスの大会に出た。
本番4試合(2回戦から4試合)と大会終了後コート開放により仲間達と3試合、計7試合したため今週は身体が痛い。以前はこの程度はどってこと無かったのに。

足は痙攣しなかった、つまりあまり足が動いてない証拠だ。私の場合は、本番4試合して足が痙攣しなかったという事は調子が悪い証拠で試合に負ける可能性が高くなる、また足が良く動くと調子はいいけど足の痙攣が始まり試合をリタイアしてしまう事になりどっちも結果は同じになってしまうというなんとも情けない事態となる。ダブルスでこれだ。どんだけやわな足なんだ。以前はこんな事無かったのに。

仲間達と今後ハードな練習を以前の様に行う事を誓う! 

今日は地方祭のため仕事は休み。こちらの祭りは盛大で休日にする会社が多い。ホントなんですわ。
だから大手企業の支店や出張所の方で地場の中小企業を相手にしている方は仕事になりません。

投資
不動産関連の新興企業はどこまでさがるんだろうか?ダビィンチなんかそろそろ最高値から30分の1に近くなってきた。

私が06年及び07年に、資産バリューや収益バリュー系の指標により銘柄選択した仮想ポートフォリオ3パターン(各50銘柄くらいだから150銘柄)のパフォーマンスがー50%くらいになってる。仮想だからいいけど・・・。いつかチャンスがくるんだろうな。
別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
どこまで行くの?

2008-10-09 06:55
日経平均株価は前日比952円58銭安の9203円32銭、東証株価指数(TOPIX)同78.60ポイント安の899.01と、ともに暴落。戦後3番目の大きさらしい。約5年3カ月ぶりの安値水準。携帯でなにげに見た時、たしか960円くらいの下げだった。目を疑ったよ。

私は昨年末くらいから多くのポジションを持っていないけど、時折少しだけ出撃しては敗戦を繰り返した。泣

これからどうなるんだろうか? 今、私はお気楽な状況なんだけど多くの個人投資家の皆さんには生き残って欲しいよ。個人投資家が頑張らないと。

これ見て→VIX凄いでしょ。50を越えたよ。この数字がどの程度の状況を表してるかわからんけど凄い事になってるのは判る。騰落レシオ や信用評価損率などは見るまでもないだろう。

個人的に言えば、いっそのこと早く激下げしてほしい。しかしどこで買えばいいのだろか?
日経平均株価7600円を割るのだろうか?まさか? 株長者が再び出るかもしれん。私には家庭の預金を投資に回すだけの権限は無い。(^^; 私の個人的な資金だけなんだけどそれはそれでいいと思ってる。残念だが・・・。


売りでびっくりするほどの利益をたたき出してる個人投資家もいるそうだ、私にはできない。たいしたもんだ。売っておきゃ良かった儲けを逃したと思ってる個人投資家がいたとしよう、10年後もう一度今の様な状況が起こってもその個人投資家は売ることはできないと思うよたぶん。残念だが私もその一人だと思う。投資方針の問題じゃなく気質や体質の問題だろう。チャートが右肩下がりの時に利益を出す事が出来るのは羨ましくもありアッパレだが私はそんなに柔軟じゃない。そもそも私が個人投資家としては優秀じゃない事は理解している。

KONの本棚がいつのまにか本の画像が無くなってる???どうして?まだ未完成なのに。いつか史記、孔子、荀子、韓非子など中国古典物を中心に一般教養的な書籍も登録して完成させようと思う。

そうそうここからお便りが来た。契約内容の変更のおすすめだった。小さい事だけど皆さんもどうぞ!

  • どこまで行くの?の続きを読む
  • 別窓 | 投資 | コメント:7 | トラックバック:1 | top↑
    どうかしたのか?

    2008-10-01 06:52
    何かあったのか?

    ある担当先経営者が経営のベクトルを大きく変えた。従業員が次々に退職しているとのこと。

    何故か?

    得意先、下請け先、従業員等の事を考えてのことと言ってはいるが実態が伴っていない。あきらかに自分の保身を第一においている様に感じる。得意先、下請け先、従業員等から疑問の声があるのも当然のことだろう。経営者としての信頼度がなくなってしまうくらい低下している。あまりにも周りが見えていない。悲しいくらい周りの状況が読めていない。思考が偏っている。

    私もベクトルを元に戻すよう2度話をしてみたが全く会話にならない状況だ。この経営者は、責任ある立場から逃避するために問題をすり替えているが一時的な解決にさえなっていない。解決すべき問題点は明らかなのにそこを解決しようとしない。何故なら経営者自信が汗をかかなければならないからだ。汗をかくと言っても経営者として当たり前の行動をすればいいだけなのに。

    基盤のある企業なのに自ら崩壊を望んでいるようにさえ感じる。企業の寿命は25年とか30年とか言われ優良企業でさえ40年と言われている。やはりその通りなのかもしれない。

    生産資源が新たな会社に再分配される。適者生存の法則、当たり前のことなのかもしれない。

    今では足元が崩れかかっているのに気が付かず遠くばかりを見つめている。悲しいけど先は見えた。崩壊して初めて気がつくだろう。

    この人には、「貞観政要」、「呻吟語」、ドラッガーの「マネジメント」などを読んでもらいたい。せめて陳腐な組織論の本でもよい。



    投資の方だけど、去年10月くらいから少しずつポジションを小さくしている。長期投資の方には今の現状は特に悲観すべき状況ではないだろうが・・・。 しかし私は怖くて手が出ない。




    別窓 | などなど | コメント:11 | トラックバック:0 | top↑
    | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。