スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
すでに散り始めていたが綺麗だった

2009-04-11 08:52
仕事で行った先の帰り道にある著名な寺院にある桜が綺麗なので寄ってみた。散り始めている。


散った桜の花弁で池が桜色になっている。隣で他県から来たプロらしきカメラマンが散っていく桜の花弁を見ながらシャッターチャンスを狙っているようだ。ちなみにその横で携帯のカメラで撮る。
20090410164258.jpg

奥のほうにいるのは修行中だろうか?若い僧が数人廊下を渡っている。写真では解りにくいけど白砂を敷き詰め帚目を付けた庭がとても綺麗だった。
11111.jpg




最近、騰がりつつある市場を眺めつつ少し焦っている。


谷沢永一氏が大江健三郎氏を批判した本「こんな日本に誰がした―戦後民主主義の代表者・大江健三郎への告発状 (-) 」を買ってみようか。谷沢永一氏が日本の思想家12人を批判している本があったけど題名が解らなくなった。本当はこちらの方を買いたいんだけど。確か鶴見俊輔などもその中にいた。鶴見俊輔・・・名前しかしらないけど。



スポンサーサイト
別窓 | などなど | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
動かない

2009-04-04 10:08
日本の株式市場は少し回復している。でも私は出動しない。

怖いから。例えば
   ↓
Nevada(金融危機特集)

こんな状況下で上手く立ち回れるほどのトレードの才能はない。さらには私は大衆の一人(自分が怖い。何のこっちゃ)。少なくともそれを自覚し過信していないところが立派でしょ。笑 
とは言っても昨年度から負けてるんだけどね。

こんな時なので本をアマゾンで2冊注文した。

自己信頼[新訳]自己信頼[新訳]
(2009/01/26)
ラルフ・ウォルドー・エマソン

商品詳細を見る



サイレント・マイノリティ (新潮文庫)サイレント・マイノリティ (新潮文庫)
(1993/06)
塩野 七生

商品詳細を見る


ついでに
塩野 七生さんは「ローマ人の物語」が有名だが
マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)マキアヴェッリ語録 (新潮文庫)
(1992/11)
塩野 七生

商品詳細を見る
チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷
(1982/09)
塩野 七生

商品詳細を見る

男たちへ―フツウの男をフツウでない男にするための54章 (文春文庫)男たちへ―フツウの男をフツウでない男にするための54章 (文春文庫)
(1993/02)
塩野 七生

商品詳細を見る
なども良い。

特に「男たちへ」は女性にもお薦めだ。(確か以前にも書いたな)

塩野 七生さんの事は本を読む限りの事しか知らないが高齢ではあるけども私は非常に好きな女性である。


別窓 | などなど | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
| KONの投資などの日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。