スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
困ったもんだ

2010-02-01 23:39
私はお酒が飲めない。
正確に言えば、飲めない事もないんだけど美味しく感じない。
少しなら飲めるんだけど、すぐ顔が赤くなる。

最近、特に酒の席が多くなり勧められても「飲めないんです」と断ってしまう。寂しいものだ。
断って済むから良いようなものなんだけど。
楽しく飲んでる人を見れば羨ましく思う。付き合いが出来る程度にはお酒が飲めればいいんだけど。
30歳くらいの頃、なにげに勧められるまま飲んだ日本酒でゲロゲロ状態になって以来ほとんど飲んだことはない。
美味しく飲めるお酒はないものだろうか。
昔、ある静かなバーで飲めない私にオーナーが出してくれた梅酒が美味しかった事を思い出した。
なぜか美味しく飲めたな~。

話は大きく変わるけど。
今週、研修で出張なんだけどカバンの中に持っていく本を物色中にフランス革命の本が目に付いた。

フランス革命について楽しく読める本。
物語 フランス革命―バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで (中公新書)物語 フランス革命―バスチーユ陥落からナポレオン戴冠まで (中公新書)
(2008/09)
安達 正勝

商品詳細を見る


この本は評価の高い書籍だ。この本が一番良いのかもしれない。
フランス革命―歴史における劇薬 (岩波ジュニア新書)フランス革命―歴史における劇薬 (岩波ジュニア新書)
(1997/12)
遅塚 忠躬

商品詳細を見る


ついでにamazonで見てみると、これも良いらしいが私は読んでいない
フランス革命の代償フランス革命の代償
(1991/09)
ルネ セディヨ

商品詳細を見る


少し趣が違うけど名著。
フランス革命の省察フランス革命の省察
(1997/10)
エドマンド バーク

商品詳細を見る


これだけ読めばあなたもフランス革命について語れます。

そういえば、職場の女性が林真理子が面白いと言ってたので買っちゃったよ。
中野幸次の本を重ねて買った。まるでエロ本でも買うように・・・。

で、何を持っていこうかと考えてる間にこんな時間になった。持っていくといっても多くは読めるものではない。

韓非子・セネカ・林真理子の3冊。妙な組み合わせだけどその時の気分で読む場合はこの様に全然違った物を持っていったほうが良い。





スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| KONの投資などの日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。