スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ご批判はごもっともです

2010-07-19 09:53
なにげにアクセス解析をしたら同じリンク元から数十件の訪問があった。
そのリンク先をみると個人投資家で私も以前見たことがある。
どうやらバリュー個人投資家のサイトが消滅・停止したり私のブログのように投資から書籍関係など他の項目に変更されていることなどを「バリューブログの廃れ具合」として50ブログくらいを紹介しています。案の定、私のブログも投資から読書の備忘録になっていると紹介されていた。

バリュー株の基本には定量分析があります。そのためには少なくともBSやPLに信憑性がなければなりません。たとえば08年秋の様な状況下では予測出来ない事態が発生することもありえるわけで私にとっては緊急事態で撤収すべきと判断しました。資金さえ確保しておけばまた再び市場に参加しようと思えばいつでも出来る今回は頑張らないと判断しました。現在もその様な考えに変わりはありません。まだまだ待ちますが最初は大型株になるかもしれません。

バリュー投資家は本来その様な事態になっても自分が分析を行い信じた株を保有しさらに下がれば買い増しをすべきで現在でも買い増しをいている腰の据わったバリュー投資家は数多くいる。私にはその様な自信がなくエセバリューと言われても仕方がありません。

しかし消滅や更新停止の多いことに私もびっくりした。この方は、しんさんのブックマークを検証したらしい。中にはバリューの大御所の様な方も更新停止になっている。だから怖い・・・。市場などと言うものに関して人を信用しないことだ。マネー雑誌や書店で平積みされた投資本などは信用できない最たるものと言ってもいい。逆指針として使用することは良いかもしれない。私もパンローリング社や日本経済新聞社などに騙されて(笑)多くの書籍を買ってしまった。これらの出版社は比較的良書を出版しているのだけどね。

話が変わりますが、今話題の木村剛やミラーマンこと植草 一秀さんなども非常に良い本を書いてた。植草 一秀さん関連で言えばロバート・J.シラー氏が書き植草 一秀が翻訳した投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然は良い。また彼自身が書いた前書きは素晴らしい。この本はすべての個人投資家にお勧めしたいと思う本の中の一冊である。また読書日記になってしまったよ。

話は戻るが、バリュー投資家のブログの検証結果をみさせて頂くと消滅や更新停止の多さは好転の時期が近づいているのかも知れません。(嘘です。笑)

機械関連企業は中国に本格的に進出等の要因で少し需要が高まっている様に聞く。(本当です。笑)

投資には情報をあまり信用しないことが重要です。












スポンサーサイト
別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:4 | トラックバック:1 | top↑
沢山の本を買った

2010-07-17 23:33
暫く更新していなかった。

株の売買もしなくなったらネタもない。最近は財務諸表をチラチラ視る気にもならない。

昨日まで出張で大阪にいた。研修で二日ほど滞在した。宿泊したビジネスホテルでは、某国より観光?で来ている方達が夜中に廊下や部屋で時折大騒ぎ。簡便してほしかった。

立花隆が本の中で、週刊誌の俗悪な記事などを沢山読んでいる人の方が知恵つく。また人間のダークサイドに関する情報が現代の教養教育に決定的に欠けている。警戒感をもって自己防衛できないと生きていく上でもビジネスの世界でも通用しないと言っている。つまり読書経験を積んで擬似体験をして事例研究をしておけという事。

あくまでも読書により一般的な教養を身につけておく事が前提にあるんだけどね。

お決まりの最近買った本。

高慢と偏見〈上〉 (岩波文庫)高慢と偏見〈上〉 (岩波文庫)
(1994/07)
ジェーン オースティン

商品詳細を見る


この本は著者が気に入った。
ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)
(2009/11)
服部 正也

商品詳細を見る


留魂録 (現代人の古典シリーズ 33)留魂録 (現代人の古典シリーズ 33)
(1990/10)
吉田 松陰

商品詳細を見る


戦争論 (現代人の古典シリーズ 10)戦争論 (現代人の古典シリーズ 10)
(1965/01)
クラウゼヴィツ

商品詳細を見る


ぼくはこんな本を読んできた―立花式読書論、読書術、書斎論 (文春文庫)ぼくはこんな本を読んできた―立花式読書論、読書術、書斎論 (文春文庫)
(1999/03)
立花 隆

商品詳細を見る



ここからはいつもと違った傾向の本を買ってみた。立花隆の影響か?

CIA 失敗の研究 (文春新書)CIA 失敗の研究 (文春新書)
(2005/06/20)
落合 浩太郎

商品詳細を見る


「インテリジェンス」を一匙―情報と情報組織への招待 (選択MADE)「インテリジェンス」を一匙―情報と情報組織への招待 (選択MADE)
(2004/04)
大森 義夫

商品詳細を見る


嫉妬って怖いんですよ。この本は面白いと思う。
嫉妬の世界史 (新潮新書)嫉妬の世界史 (新潮新書)
(2004/11)
山内 昌之

商品詳細を見る


私は詐欺師になるわけではない。笑
詐欺師入門―騙しの天才たち その華麗なる手口詐欺師入門―騙しの天才たち その華麗なる手口
(1999/09)
デヴィッド・W. モラー

商品詳細を見る


以上の半分以上はアマゾンのマーケットプレイスで購入。


別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
| KONの投資などの日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。