スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ある個人投資家

2005-10-17 07:49

以前ある中小企業の社長さん(株好き)の会社でのお話をしました。

ここ→http://blog.livedoor.jp/mk468311/archives/2005-09.html

今日は別の知人Aさん(かなり年上ですが)で株で成功されて今では?円を運用している方のお話です。

Aさんは60歳台で株を始めて25年位だそうです。当初は事業で得た小額の資金を株に投入したそうです。先日、Aさんのご自宅で株の話になりました。私はAさんとは約15年位のお付き合いで当然株で成功されていることは知っていますが、Aさんは私が株式投資をしているのは知りません。しかし以前より株の話をよくしてくれます。先日も大手証券会社よりの月次の残高証明の様なものを見せてくれました。(インターネット証券は苦手な様で昔から対面でしています) その残高証明を見ると普通の個人投資家の方なら目が@@←この様になります。残高証明の枚数の多さと含み利益の多さにいつもながらびっくりします。どうしてこんなに投資金額が増えたのですか?と聞いたことがあります。

Aさんの投資法及び投資で学んだ教訓を簡単に書きます。

1 日経平均の上げ下げを注意深く見てニューヨーク市場は毎朝確認    2 日経平均が大きく下げているときが買い    3 大きく下げた銘柄が買い(やみくもに買うわけではないです) 4 売買を頻繁にしない 5 購入銘柄はほぼ東証一部銘柄 6 余裕資金でする、かつ余裕資金を持っておく 7 皆が売ってるときに買え 8 長期的に保有する(例外はある)  9 多少の株価の上下であたふたしない 10 株は買ったら下がり売ったら上がるものと思え(笑って言っていました)

他にも色々聞かせてくれますが、旨く表現できていませんがこんなところでしょうか。 投資法は色々ありますが成功された方のお言葉です。特に投資本などを読んで勉強された訳ではない様です。

もう一つAさんの凄いとこは、バブル崩壊時、株価が暴落する兆しが見え始めた時に投資資金のほぼすべてを国債等に移行して損を最小限(運用資金が多いので結構大きい)に抑えたことです。これは大変重要なことでほぼ全ての投資家の方が損をしている時に損を回避できるのは、すばらしい投資家と私は思います。さらに凄いのは国債等にサッとポジションを替えてじっとしていて日経が底の7000円台から回復してきた9000円位のときに、一気に安値の銘柄を多数大量に購入したことです。@@ 

ちなみにAさんは、友人が多く人から好かれる方です。(ただし?円を運用しているのを知っている人はあまりいないと思います)

?の金額は皆さんで想像してください。

スポンサーサイト
別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<バリュー投資 | KONの投資などの日記 | 来月中旬まで>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。