スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
フォトリーディング

2005-08-15 04:31

以前、未読の本が多くなったため速読法のフォトリーディングの本を買って読んでいますと書きました。結果は若干速くなった様な気がします。が・・・しかし、気がするだけの様な気もします。どっちなんだろう?

今月購入書籍数6冊(いつもより多い)、うち読了数2冊、これではますます未読の本が増加する一方です。未読の本は、文庫本、投資本、新書、くだらない本など合計60冊はある様に思います。押し入れの奥にある未読の本を読むのは、いったいいつになるんだろうと思う事があります。だいたい数冊同時進行で読むのが私の読み方なんです(飽きれば違う本また飽きれば元の本と・・・)が以前の様になかなか進みません。またブログ巡りが楽しくて読む時間も少なくなっている様です。

そこでフォトリーディングをマスターして一気に読んでしまう計画なんですが、最近、本を読んでいるといつのまにか寝てしまっていてフォトリーディングどころでは無い状態です。特別疲れている訳でもないのに・・・・・。どーして?って感じです。

また県ランキング50位以内復活を誓ったテニスも今年は何かと忙しくランキングポイント対象試合にも出場できなく、そもそも練習時間も少ない状態でした。来年のためにも今から頑張らねば。

話しは変わりますが、今ふと思い出したのですが「白昼の死角」高木彬光著の最後に残った登場人物は本に書かれていないその後は、どの様になったのだろう? たしか実話だった様に思いますが。出版のきっかけは最後に残った登場人物が作家の高木彬光宅を訪れ(たと思います?)過去の数々の出来事を告白し数年後であれば世に出しても良いとの約束により出版された様に記憶していますが何かの本と混同しているのかも?しかし読んだ当時なんと凄い話しだと思った思いでがあります。何方か知っていますか?   

 

 <A HREF="http://blog.with2.net/link.php?145146">人気blogランキングへ</A>

スポンサーサイト
別窓 | などなど | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<平成17年商法改正 | KONの投資などの日記 | 子供の誕生日>>
コメント
--
25年前のわずかな記憶によれば
白昼の死角はフィクションですよ。
話のはじめの方の金融業で金を集めて株で儲けるところだけが
実話を基にしているだけです。
2005-08-15 20:13 URL 空飛ぶクマ #79D/WHSg [内容変更] top↑
--
私は15年位前に文庫本で読みましたが、すでに記憶にありません。
そうだったのですか。
ありがとう御座いました。
2005-08-18 07:06 URL KON #79D/WHSg [内容変更] top↑
--
小説と映画も見ました。夏八木勲、かっこよかったな~、BGMも。
男は、かくありたいものです!
2005-08-18 22:03 URL 樋口翔二 #79D/WHSg [内容変更] top↑
--
ビデオレンタルしてみるかも
2005-08-19 12:15 URL KON #79D/WHSg [内容変更] top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。