スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
運用基本方針

2005-07-30 08:16
皆さんは、運用基本方針を作成していますか?
私は残念ながら作成していません。
チャールズ・エリスは敗者のゲームの中で運用基本方針の作成の重要性を説いています。運用基本方針とはその名の通り資産配分等についての方針で私達個人投資家は運用機関などと違い投資期間なども長期的に考慮する必要があります。
 
私が個人的に先程考えた運用基本方針の様式
⓪投資の目的
①投資期間(運用機関ではないため5年などの短期間でない)
②目標金額(必要以上の金額の設定は運用基本方針そのものに無理が発生する)
③資産配分(株式、債券等の比率や資産株、成長株、業績回復株等のカテゴリーへの配分)
④投資形態(投資法など)
⑤運用に対するリスク(結果の不確実)の許容度とその理解
以上簡単です。
 
運用機関の綿密な運用基本方針と私達個人投資家の運用基本方針は当然違ってきます。
また運用基本方針は変更すべきではないのですが変更すべき時が有ります。
①10年に一度程度の見直しはむしろ必要です。
例えば40歳の個人投資家が50歳になった時など時間の経過と共に、上記①から⑤の変更は必要でしょう。
②個人投資家自身に環境等の変化があった場合
 
上記①から⑤は最低限の縛りを設けてその時々の誘惑から逃れるための物で私自身の戒めのためのものです。笑
 
皆さんはもっと計画的で綿密な運用基本方針を作成してください。
 
しかし最も重要なのは、本来機関投資家に任せるべき運用を私達個人投資家が長期間冷静に遂行できるかどうかでしょうか? マインドですね、これが難しい。
 
チャールズ・エリスの「敗者のゲーム」は素晴らしい書籍です。
賢明なる投資家、株で勝つと共に座右の書として枕元に置いて毎日お祈りをしているのは言うまでもありません。
読まれる方は個人投資家のために加筆されている1999年の第三版以降をお奨めします。
 
素晴らしい運用基本方針をお持ちの方は情報お待ちしております。
 
スポンサーサイト
別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<海へ行ってきます | KONの投資などの日記 | 5月22日分書きこみ分訂正>>
コメント
--
こんにちは。
『アレキサンドライト物語』(第2回)アップのお知らせに来ました。
チャールズ・エリスの「敗者のゲーム」・・・知りませんでした。
今、読んでいる本を読み終えたら、挑戦したいと思います。
2005-07-31 03:02 URL 樋口翔二 #79D/WHSg [内容変更] top↑
--
樋口さん
投資と文学と2本立てですね。
『アレキサンドライト物語』楽しく読んでいます。
これはオリジナルですか?
2005-08-03 06:07 URL KON #79D/WHSg [内容変更] top↑
--
はい、オリジナルです。
今年になって書いたものをブログ用に編集しました。
2005-08-04 00:31 URL 樋口翔二 #79D/WHSg [内容変更] top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。