スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
財務諸表について(修正追加)

2005-07-19 18:51
投資をするうえで財務諸表を読む力は必要ですね。
しかし公認会計士ほどの知識は必要ではありませんが。笑
 
私は投資をするうえで企業の財務に関しては、企業が開示する有価証券報告書等でほぼ十分な情報は得られると思っています。必要であればIRに電話して聞くこともできます。(土地等の現地調査などは、私たちサラリーマンには限度があります)
しかしその反面、私は厳密に言えば財務諸表を分析するには、限界があり適法な会計処理を行っていても企業の本質的価値は表せないとも思っています。
 
サラリーマンが財務諸表を読む力をつける方法
簡単な方法はありません
①現実的でないですが公認会計士あるいは税理士試験受験校で簿記論や財務諸表論を学ぶ(DVDなどによる通信教育等もあります)
日商3級→同2級→財務諸表論(上記の受験校)
簿記論は無理に受けなくても良いと思います。
 
上記が無理な場合
②財務諸表論の関係書物を最低1,2冊程度読む。(簿記を勉強すれば更に良い)
どの本を読んで良いか分からない方は、過去に税理士試験、公認会計士試験の財務諸表論(理論担当)等の試験委員の経験のある大学教授等の著書を一つの目安にしてください。(250ページくらいでしょう)
別に試験委員でなくても大学教授の書いた財務諸表論の本であればそれほど差異はありません。
 
これ一冊でOKと言う本では、武田隆二氏(神戸大学名誉教授)の下記の書籍です。(難点は1020ページあることです)
カラー版で初心者にも分かりやすく書かれており財務諸表の基礎から株式制度、時価会計、連結会計、CF、為替、税効果、合併分割まで。
私は、勤務先にあった第8版(現在は第10版)をパラット見ただけですが、良いみたいです。(本屋に置いてある、「よく分かる財務諸表」的な本でも悪くないですよ)

今日はアップ9630を買いました。
人気がなく、指値でなかなか買えませんでした。500株のみでした。
 
 
注) 財務諸表の分析は投資をする上での判断材料の一つに過ぎません。財務諸表を完璧に理解したからといって高パフォーマンスを得られるわけではありません。(株式投資をされてる会計学の教授に叱られそうですが)
もしかするとほどほど程度の理解が良いのかも知れません。
スポンサーサイト
別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<財務諸表について 2 | KONの投資などの日記 | 不動産投資?>>
コメント
-kIlZjNHgarC-
Smrlxk <a href="http://rhidnjnuisnq.com/">rhidnjnuisnq</a>, [url=http://prvxwsukfbha.com/]prvxwsukfbha[/url], [link=http://aeyjpqnqrxjo.com/]aeyjpqnqrxjo[/link], http://wkrikbmapovu.com/
2011-12-25 21:42 URL ejpxux #WgYAk7Ac [内容変更] top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。