スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
減損会計について

2005-06-28 06:37
減損会計については、すでに適用している企業もあり皆さんも勉強していると思います。平成18年3月期より強制適用となります。
 
減損会計は、固定資産の土地建物等の事業用不動産について収益性の低下により投資額を回収する見込みが立たなくなった帳簿価額を一定の条件のもとで回収可能性を反映させる様に減額する会計処理のことです
 
ただ誤解してはいけないのは、時価会計とは違うのだと言う事です。
(細かい違いの説明は省きます)
時価会計の適用範囲は金融資産であり固定資産については取得原価ベースが原則です。
減損会計は、あくまでも理論的には取得原価主義会計の延長線上における取得原価の引き下げとしての性格を持ちます。
 
減損会計の適用対象は固定資産ですが、すべての固定資産という訳ではありません。ほかの会計基準の対象となっていない固定資産が対象です。
たとえば投資有価証券、出資金、保証金などは金融商品に係る会計基準が適用されます。
 
時間が無いため次回に続きます。
 
これから子供か学校で必要なカタツムリを探しに行ってきます。
最近見た事が無いのでいるのかな~?
 
 
スポンサーサイト
別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:1 | トラックバック:1 | top↑
<<減損会計 2 | KONの投資などの日記 | えすさんは、凄い。+追加しました>>
コメント
--
トラックバック有難うございます。
おっしゃる通り個人投資家も当然ですが時価主義で考えないといけませんよね。
世界的に企業会計でも時価会計が主流の様です。
しかし時価の金額が株価の様に客観的に判断できるものはいいのですが減損会計においては企業が恣意的に判断するグレーゾーンがあるのではないかとの疑念があります。これについては、公認会計士の方に聞いてみたいと思います。もしあるとするなら投資判断に大きな影響があるのでは。
2005-06-30 06:23 URL KON #79D/WHSg [内容変更] top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • 相場に参加する時、自分の運用成績を正しく認識することが不可欠です。企業会計は“時価会計”をするのが随分前から世界的な流れです。日本の運用業界でも時価評価が主流であり、遅れを取っていた年金基金業界もここ数年でほとんどが時価評価体系に移行しました。わたしたち
    2005-06-29 13:57 | 為替王
    | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。