スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ある書店で

2007-04-20 07:05

来週の週末は投資研究会に行ってきます。5名程度で行う予定です。
私は公(?)に募集している投資研究会などの参加はあまり無く2回程ですが今回の投資研究会は近隣地域の仲間での開催で第2回(トーマス・インベストメント・ワークショップ)です。第1回目は昨年の10月に行いました。急に開催する事になったので皆さんの予定が合わず少人数となりました。億円プレイヤーや初めて会う方もいるので面白くなりそうです。

先日、仕事で隣の市にある担当先からの帰りに書店に寄りました。店員が4人程度の小さめのその書店(隣の市)に、中勘助の「銀の匙」があったので購入。この本は先日ここで書いた「図書」の20年前の臨時増刊の私の三冊の中で一番多く取り上げられた本だったそうです。しかしこの書店にあるなんて・・・。いつも行く書店には無かったのでアマゾンで購入しようと思っていたのでラッキィー。というのはアマゾンは1500円以上は送料無料なのでついつい余分に買ってしまうからだ。
その書店でブラブラして株本コーナーにて驚きの本があった。リチャード・A・ブリーリーのコーポレート ファイナンス(第8版)上下があった。

大規模の書店でさえ殆んど置いていないと思うこの本が・・・。

誰が購入するのだろうか?なぜ仕入れたの?仕入担当者に聞いてみたい。普通この本は買うにしてもお取り寄せだろー。しかし分厚い。

スポンサーサイト
別窓 | などなど | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<いつ戻るんだろうか? | KONの投資などの日記 | 山月記よかったな~(修正)>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。