スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
久しぶりに投資について

2008-01-12 01:23
久しぶりに投資について考えているところを書いてみたい。

このところ大型株、小型株を問わず市場での下げが激しい。
個人投資家においては評価損をたっぷり抱えている人も多いと思う。
私はパフォーマンスを決めるのは、市場の状況、投資家の心理状態が大半を占めて、あとは投資方法が2.3割程度だと思う。この事について言うと。

まず市場の状況について言えば、昨年度後半からの様な状況で勝つのは、どの様な投資法を用いても個人投資家にとっては難しい。ハイリスク(不確実性の高い状況)をとれば可能かも知れないが市場からの退場を覚悟しなければならない。つまりこの様な市場の状況が長く続けば勝つことは殆んど難しい。逆に市場の状況がバブル状態にあればどの様な銘柄を買っても楽勝間違いない。したがって一般的に市場の状況とパフォーマンスは大いに連動する。
この時期に勝つのは普通じゃないだろう。変態だな。

次に投資家の心理状態について言えば、一般的な個人投資家(大衆)がまだ洗練されていない心理状態で思うがままに投資(売買)を行えば損失がだんだん大きくなると勝手に推測。このことは私を含めて一般的な個人投資家(大衆)が経験済みだと思われるがこれに異を唱える投資家の方はいないのではないか。よく言われるように市場で勝つには一般的な個人投資家(大衆)の逆を行かなければならない。ここで一般的な個人投資家(大衆)の行動をあげれば「最初に設定した売買ルールを守れない事」などがその最たる例であり、株価爆下げ時の行動において顕著に現れる。この投資家の心理状態も市場の状況と同様にパフォーマンスと大いに連動する事は私の個人的な推測ではなく多くの書籍に書かれている事は皆さんも承知している事と思うが。

次に投資方法について一般的に、所有期間、銘柄の選択、売買などにより数多くの投資法がある、どれが良いのか私には解らないけど・・・。
私が個人投資家にお勧め投資心得と言えば・・・昨年度大損こいてるお前が言うなって感じなんだけど私のブログなので勝手に言わせてもらう。

当たり前だが投資資金は余剰資金で行うこと。使途が決まっている資金では間違いなく売買に影響するからだ。次に自分の投資法を決めてそのルールを必ず守る事の2点にある。

じゃ~その投資法は?(一般的には投資開始年齢、投資金額、投資家の環境、目標などにもよるんだけど)
私の投資は、長期投資と書いてるけど実際は長期・中期投資、時折、投機有りってとこか。売買は安くなって買い、高くなって売る(また目標売却価格が問題なんだな)。これが上手くいかないんだ。逆に高くなって買い、安くなって売るって事があるけどこれは大衆以前の問題。難しい。

長期投資家の方の中には、今回のような株価下落は長い投資期間における買い時であって喜ばしい事だと言い切る方もいる。これりはルールを守る強いメンタルがいる。

次に私が勝手に考える銘柄選択を簡単に言えば、定量分析、経営陣(企業)の体質、商品や技術など。(当たり前だけど難し~い)

睡魔の中で中途半端な内容になってしまった。書く事はまだまだあるんだけど。眠い。寝ることにする。

スポンサーサイト
別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<あるオヤジ(故人) | KONの投資などの日記 | 買い>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。