スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
コメントから

2007-03-30 22:50

papiko さんから前回のブロブの内容についてコメントを頂いたので。

>KONさん、はじめまして。
自社株買い、消却して発行済株式数を減らすとEPSやBPSが大きくなる(PERやPBRが下がる)から、割安感が出て株価が上がるという理屈ではなかったですか? あくまで、自社株買いの後に「消却すれば」の話ですけど・・・そこを勘違いしている人が多いのかも知れませんね。と言いつつ、私こそ間違ってたらすみません。

papiko さん こんにちは。
その通りだと思います。またこの様な事もあります。借入金などの資金調達により自社株取得を行うとWACCが低下し理論的に企業価値が高まり株価が高くなることもあります。資本構成が変わる事による株価の上昇です。可笑しなものです。

>度々すみません。逆に質問させていただいてもよろしいでしょうか。
企業が増配したり、自社株買い&消却にお金を使うということは、それだけ本業へ再投資されるお金が少なくなるということですよね? それは、本業の成長を犠牲にしている、あるいは本業の成長余地が無くなったということでしょうか?
増配や自社株消却=成長鈍化を暗に意味しているなら、株価には必ずしもプラス材料ではないと思うのですが。KONさんのお考えはもっと別のところにあるのでしょうか? たとえば、DCFで計算すれば理論上、結果は同じになるとか。


難しい質問です。
私は一個人投資家であり専門家ではないのであくまでも個人的な意見としてお考えください。papiko さんの仰ることも一般的に言われています。また増配したり、自社株買いと言うのは、経営陣が市場にシグナルを送る意味もあると考えます。例えば増配により自社を市場において評価させる、又は自社株買いにより自社の株価は割安だ、と言ったメッセージであったりするわけです。また最近ではM&A対策の一つとして考えられていたりします。ただしブログで書いた通り理論的には、増配や自社株買いは株主価値には影響しません(必ずしもそうともいえないのですが)。ここでの理論的とはMM理論(モディリアーニとミラー)によります。つまり1枚のピザを2枚に切っても4つに切ってもピザ全体の価値は変わらないという事。

しかし実際には増配や自社株買いは株価(株主価値)に影響があるようですね。したがって企業の増配、自社株買いは投資家に非効率な行動を起こさせるものではないかと思われます(特に個人的意見)。

 

私はファイナンスについては趣味で本を読んでいるだけであまり投資に考慮する事は致しません。ましてや主観の要素たっぷりのDCF法などという手法により企業価値を求めようとも思いません。


>たとえば、DCFで計算すれば理論上、結果は同じになるとか。

ここで私が言っている株の評価つまり株主価値はDCF法とは関係ありません。
上記のMM理論からです。

重ねて言っときますが自慢になりませんけど実際の私の投資に関する考え方にはこの様なファイナンスは一切考慮致しません。私はけっこう怠け者なんです。あくまで趣味です。

明日、たーちゃんさん主宰の投資研究会に行ってきます。

学生時代と社会人時代とで10年ほど大阪に住んでいました。前回に大阪に行ってから2年ぶりか~。

スポンサーサイト
別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<投資研究会 | KONの投資などの日記 | 久しぶりに>>
コメント
--
 文字数制限でしょうか、うまく書き込めないので、お礼だけ。ご回答くださってありがとうございました。
2007-03-31 13:20 URL papiko #79D/WHSg [内容変更] top↑
--
旨くお答えできませんでした。
2007-03-31 23:29 URL kon #79D/WHSg [内容変更] top↑
--
さっそくお邪魔しました。
WACC については、現状の資本構成ではなく、最適資本構成でのWACCを使用するべきだと、私は考えています。
したがって、むやみに借金を増やしても、WACCは下がらないと思います。
土曜日の投資研究会では、話がややこしくなるので、あえてこの点には触れませんでしたが。
以前私の考え方をまとめたことがありますので、興味があればご覧ください。
http://plaza.rakuten.co.jp/InvestmentGamer/diary/200609100000/
つづく
2007-04-02 12:09 URL 投資ゲーマー #79D/WHSg [内容変更] top↑
--
自社株買いについては、株主価値に影響を与えると思います。
割安な価格で買えばお得であるという点は、自社株買いでも同様です。
余剰資金で自社株買いをすると考えてください。
この場合、本業の持っている事業価値は、変わりありません。余剰資金は購入金額分減りますので、非事業用資産の価値は、減少します。この2つの合計である、企業価値は減少するということになります。(言葉の定義は、土曜日の研究会のプレゼン資料をご参照ください)
しかし一株当たりの価値の増加分の効果のほうが、非事業用資産の減少分よりも大きいため、一株当たりの株主価値を高める効果があります。
つづく
2007-04-02 12:11 URL 投資ゲーマー #79D/WHSg [内容変更] top↑
--
その他、自社株買いの効果を簡単にまとめたものが、こちらです。
http://plaza.rakuten.co.jp/InvestmentGamer/diary/200609090000/
なお、ピザを2分割云々の話は、株式分割の例えですね。自社株買いとは関係ないと思います。
私はMM理論を理解していないので、間違っていたらごめんなさい。
長くなり、失礼しました。
2007-04-02 12:11 URL 投資ゲーマー #79D/WHSg [内容変更] top↑
--
投資ゲーマーさん
コメントありがとうございます。
投資ゲーマーさんのサイトで研究してみます。
小旅行にでるので来週あたりお邪魔します。
2007-04-04 12:43 URL kon #79D/WHSg [内容変更] top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。