スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
上京中止

2008-05-13 06:57
来月の13,14,15日と上京予定だった。今回は家族同伴ではなく久しぶりの一人旅で、複数のブログ上の友人たちと会う予定だったが私の都合により中止となった。楽しみにしていただけに残念。予定していた人たちに申し訳なかった。

先週の金曜日は、下がった不動産系の銘柄を少し買った。

GW中にマーク・トウェーンの「王子と乞食」(岩波文庫) を読んだ。小さい頃、絵本で読んだような気がするが覚えてはいない。「クラテスの弁明・クリトン 」(岩波文庫) などを読んだ後、頭をほぐすのに良い、というより喉が渇いたとき水が飲みたい様な感覚でこの様な安心感のある小説を読みたくなった。それと読書中毒者二人(笑)の「いま大人に読ませたい本」 (単行本) も楽しく読んだが、渡部昇一氏は納得。谷沢永一氏は若干、俺って凄い読書家だろ~って自慢してる感じがしてならない。事実、凄い読書家なんだけどね。谷沢永一氏は私が大阪に住んでた学生だった頃に関西系のテレビ番組によく出てたな。


私には買って読んでない本が30~50冊程度いつもある。何故そんなに買っておくのかというと、食事だってその時々に食べたい物がある様に、本にもその時々で読みたくなる分野が違うからだ。思想系、歴史系、ビジネス系、小説、最近は読書の量は少ないけど用意だけはしている。と言うより買ってしまうのだ。昨日、マーケットプレイスで購入したサマセット・モームが自ら選りすぐった小説100選。「世界100物語〈1〉おしゃべりな小説」 (単行本) が届いた。短編はちょっとした時間に読めるから良いがこういったものは文庫本の方が持ち運びに良いのだがこの点が残念。だが沢山の作家に出会えるから楽しみだ。それと名著「影響力の武器」の同系のデヴィッド リーバーマン「相手を思いのままに「心理操作」できる!」を買った。この著者の別の本を小田 晋氏が訳しているのを書店で見てアマゾンで探ってみてこの本を買ってみた。世の中いろんな人がいるだと言う事を知っていても良いだろう。なにも相手を思いのままにしようと思って買ったわけではない(笑)。商品の説明にあるように、プライベートでも仕事でも、ストレスのない、快適な毎日が必ず実現できるらしいので(笑)。 雑学本といった感覚。あと禅の本。









スポンサーサイト
別窓 | などなど | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<本を買った | KONの投資などの日記 | 何故か忙しい>>
コメント
--
なんでもいいから。
ウスペンスキーの「ターシャム・オルガヌム」を読んでよ。
たぶん人類史上最高のネタを題材にしてる本だと思うよ。
だってすべての宗教の根源を科学的に解明してんだから。

自分はこの本は21世紀中にもう1回見直されると思ってる。
100年早過ぎた本だと思う。
もう数年か、数十年して、もっと物理学が進歩したら。
ウスペンスキーの偉大さが再認識されるはずだよ。

内容も凄いけど、文章も凄いよ。
文章だけ評価しても最高点だよ。
内容はもう点数を付けようがないほど凄いよ。
内容の評価点は無限大だよ。

この本を読まずに一生を終える奴は馬鹿だよ、マジで。
2008-05-17 05:19 URL ラージャ #- [内容変更] top↑
--
>ウスペンスキーの「ターシャム・オルガヌム」を読んでよ。

この分野は苦手なんだよ。だからカントなんかも読まないんだよ。難解。

「ターシャム・オルガヌム」をアマゾンのなか身 検索で見たけどわからん。回路が違うんだよ。嫌ってるわけじゃないんだけどな。
2008-05-17 09:23 URL KON #- [内容変更] top↑
--
カントじゃなくて、どっちかって言うとニーチェだよ・・・・。

(信者獲得失敗・・・_| ̄|●)。
2008-05-17 13:20 URL ラージャ #- [内容変更] top↑
--
>カントじゃなくて、どっちかって言うとニーチェだよ・・・・。

対比すると言う意味でね。

兎に角、難しいんだよ。
まずはソクラテスから頑張ってるんだ。

2008-05-17 13:45 URL  #- [内容変更] top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。