スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
久しぶり

2009-10-28 01:34
株はまだ買わない。私の持病の「買いたい病」が出て来ないのでほっとしている。忍耐!

というのは「買いたい病」予防のために服や本や小物などを買って紛らしている。笑

解っていただけるでしょうか? 

株式投資は可笑しなものでポジションを持たないことに対する不安というのがある。持ってないうちに騰がってしまう・・・不安。或いは今買わないともう買うタイミングがないんじゃないかと不安になる。

今どきこの様な心理になる投資家はいないだろうけどね。私でさえならん。

投資の心理系の本。参考までに。

投資の行動心理学

魔術師たちの心理学 ― トレードで生計を立てる秘訣と心構え (ウィザード・ブックシリーズ)

図解でわかる ランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて

行動ファイナンス―金融市場と投資家心理のパズル

投資苑 - 心理・戦略・資金管理

投資の心理学―「損は切って利は伸ばせ」が実践できない理由

これだけ読んでりゃ~心理系は完璧。その通りに行動できればだけど。


ついでに熱くなりがちな個人投資家のために基本的なお薦め投資本。

投資4つの黄金則

敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか

投資戦略の発想法―ゆっくり確実に金持ちになろう

ウォール街のランダム・ウォーク―株式投資の不滅の真理

ここまでは冷静になるための押さえ気味な本です。

注)私は効率的市場仮説に関するハッキリした意見を持ってはおりません。お薦めした本が少し偏った気がするので念のため。

ここからは私の趣味で。

投機バブル 根拠なき熱狂―アメリカ株式市場、暴落の必然

バフェットからの手紙 - 「経営者」「起業家」「就職希望者」のバイブル

バリュー投資入門―バフェットを超える割安株選びの極意

賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法

MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA)

道具としてのファイナンス

MBAファイナンス

相場秘伝 本間宗久翁秘録を読む―希代の天才相場師に学ぶ必勝の鉄則

企業価値評価系の本の推薦は止めときます。私も仕事柄興味があって企業価値評価の本を数冊読んだけど、たとえば著名なマッキンゼーの企業価値の本などは個人投資家が読んでどうする?
この本を読んでDCF法で企業価値を評価するの? 理解出来ない。個人投資家がするには無理がある。それなら山口揚平さんの「新しい株の本」の方が良いと思うけど。

あとなんだっけ、良書を忘れている様な気がするけど疲れるのでこのあたりで止めます。

個人投資家向けにパンローリング社・日本経済新聞社・ダイヤモンド社などの出版社が本格的志向者向けの様に装った似たりよったりの本を時代に乗っかって出してるだけですから。投資をする上で知識を得るために読むには良いと思う。

「このような投資本をたくさん読んでもパフォーマンスは、けっして上がらない」と言うことは、私がすでに実証(100冊程度)いたしました。笑  投資本はあくまで参考程度と考えるべきです。 
注) ついでに書店に平積みされている投資本は、ほぼ論外です。

私が思うには、個人投資家に必要なものは具体性に欠ける表現だけどセンスだと思う。頭脳の優劣ではなく絶対に株式投資などをしてはいけない様なタイプの人がいるように感じる。

投資遊学のすすめ―理智的投資頭脳刺激論 (money & business enlightenment books)

真勢さん、一応入れときますわ。これは純粋な投資の本ではないけど良い本なので。

書こうと思っていた事が書けなくなった。嫁さんが面白いと言ってた林真理子の本を過去に一冊だけ読んで面白かった事を思い出し、先日ブックオフで3冊買った。ついでに柴門ふみも買ってみた。彼女などは弘兼憲史の嫁さんと言う事しか知らん。いいオヤジが林真理子・柴門ふみとは・・・なにげに恥ずかしい・・・。

そこで同じく無理に買った武者小路実篤・ベェルヌ・に挟んでレジに出す事を思いつく。まるでエロ本でも買うかのような事態に自らを追い込んでしまった。そこでさらに念には念を押すために宮城谷昌光・岩波文庫編集部・とどめは読むかどうかもわからんカポーティまで買ってしまった。木は森に隠せと言うが・・・なんだかんだで20冊ほどになってしまった・・・なんでこうなるの・・・当然の如く籠を持ってレジの前に立つはめに・・・。

考えてみれば籠を持つほうが恥ずかしいよ。

本題なんだけど。
大それた事を・・・。
実は「カラマーゾフの兄弟」に挑戦してみようと少しだけ思いたつ。長編なんで目をそらしてきたが・・・そこでどの出版社の本にしようか?岩波書店か新潮社か今流行の光文社か・・・悩むよ。「カラマーゾフの兄弟」は新訳の光文社版がバカ売れしている。

そうそう、子供がインフルエンザ発病により明日は私も休みになった。

スポンサーサイト
別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<カラ兄弟 | KONの投資などの日記 | 来年の手帳>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • 今回はアメリカのほか、世界8カ国語で翻訳された超ロングセラーでいまだに息の長いロングセラーを続けている本の紹介です。     投資苑...
    2010-03-17 20:05 | FXチャート分析局
    | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。