スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
やはり面白い

2009-11-14 08:52
久しぶりに新訳 君主論 (中公文庫BIBLIO)をパラパラっとみた。ただの読み物としても面白いと思う。この本と韓非子 (中国の思想)は読むべき。

特に韓非子はあれほどの人間でありながら最後は同門の李斯にしてやられるからなんとも皮肉なものだ。先日、研修で訪れた県庁所在地にある大型書店で店内をウロウロして何も買わずに出るのは申し訳なくて買ったのが韓非子 (第1冊) (岩波文庫)。これは抄訳じゃなく全訳。全4冊だけど1冊だけ。韓非子は抄訳しか読んだ事がないので。

マキアヴェリ や韓非子などは読みやすい簡易的な解説本が出てるけど、読むのは大変だけど全訳の方が間違いなく面白い。韓非子の4冊を読むか?

数種の翻訳本が出ている場合は、どの出版社或いは翻訳家のものを選ぶかが問題(それほどの問題ではないか?・・・)。比較的岩波書店は字が小さく行間が狭く、さらには訳が読みにくい。出版年が古いのも理由の一つだと思う。そして権威的というか、つまり読者側に立った訳ではなく翻訳家側が満足する訳し方の様な気がする。それは岩波書店版は原本を忠実に翻訳しているからだとも言われている。つまり「読み易さ」を重視してはしない。ここが他の出版社と少しだが違うと言われている。

学術的に読むなら岩波か? 
岩波を好む人もいれば講談社や中公を好む人もいる。
(嘘です。そんなにこだわっている人はいない・・・)
中公・ちくま・講談社・新潮・徳間などは読みやすく翻訳している場合が多い。どちらが良いかは読者しだいだけど、読み易い方が良いように思うんだけどね。ただ岩波には「もっと字を大きくして行間を広げてくれよ」とだけは言いたい。私は少し老眼が入ってるんだよ・・・。


出版社に関係なく、古い本は時代も変わってるんだから改訂版により読み易くすれば良いのにと思うんだけど、これは著者や翻訳家が亡くなっている場合、勝手に改訂版を容易に行う事はし難いからだとも言われている。どこの出版社か忘れたけど、著書の遺族の了解のもと、その著書の学術的同系列のお弟子さんの様な学者により改訂版が出されたと言う事があったように記憶している。改訂版は難しいんだね~。生きている場合でも改訂版は何かケチをつけてる様で出版しにくいのだろうか? 特に岩波の場合は難しいのかな~。コストの問題もあるだろう。


カラ兄は1巻はほぼ読了。遅い!夜眠たくて~。



スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑
<<疲れたよ | KONの投資などの日記 | カラ兄弟>>
コメント
--
ドバイが飛んだよ!。
債務不履行5兆円。
民間部門も入れると20兆円規模の債務不履行。
こりゃぁ~、面白くなってきたぁ~!。

韓非子の本はいろいろ持ってる。
面白いと言えば面白いけど。
個人的には漫画で韓非子を出してくれた方がいいなぁ。

1冊だけ漫画の韓非子を持ってるんだぁ。
それはイメージがよく理解できて楽しかった。
同じシリーズで漫画の老子や荘子孫子も持ってる。
絵の感じが「日本漫画昔話」風で古代中国らしさが出てる。

原文の詳細な訳本は漢文がいっぱい出てきて難しい。
話が物凄く硬くなる感じ。

現代の中国人は言葉そのものが違うので。
中国人が中国古典を読んでもまったく理解できない。
日本人の方が「返り点」を付ければ読めるので。
今では中国古典は日本人のモノだね^^。

中国の不幸は異民族に征服されまくった点だね。
異民族だから言葉や文化を廃止してしまうもんね。
だから中国人なんて歴史的にはまったく繋がってない。
断続的な歴史が長々と続くだけだ。

その点、日本はラッキーだった。
歴史が一度も途切れずに日本人だけで繋がっている。
そんな国はたぶん日本だけじゃないだろうか?。
2009-11-26 18:57 URL ra-jya #- [内容変更] top↑
--
日本人は中国人を滅茶苦茶良い方に勘違いしている。
中国古典の内容をそのまま信じているのが原因だ。


まず第一に。
中国古典の世界は何百年も前の中国の世界だ。
古典に出てくる教養高い中国人なんて現存しない。
今の中国人は中共に洗脳された馬鹿ばかりだ。

第二に。
書が残るほど有名な人物だけが後世に伝わっている。
したがって当時の中国において。
エリートだった人の人物像が中国人になっている。

第三に。
普通の国でも自国の歴史は美化されるが。
嘘つき民族の中国ならば尚更のこと美化されている。
たとえば原作の三国志には。
劉備玄徳が人肉をご馳走になり、お礼を言うシーンがある。
でも日本語訳の三国志には食人シーンがない。
日本人が江戸時代に自主規制して削除したからだ。

第四に。
古典の中国人と、現代の中国人は、人種が違う!。
漢民族なんて呼称は大嘘だ。
漢民族はたぶん古代世界において絶滅している。
昔は異民族に征服された時点で皆殺しだもんね。
したがって中国人は満州人だと自らを呼ぶべきだ。
あるいはモンゴル人でも、女真人でもいいけど。
とにかく何人なのか?、もはや誰にも判らない(w。
アメリカ人と同じで混ざり過ぎてわけ判らん状態^^。



2009-11-26 19:27 URL ra-jya #- [内容変更] top↑
--
>中国古典の世界は何百年も前の中国の世界だ。 古典に出てくる教養高い中国人なんて現存しない。

著名な中国古典は、今の中国で生まれたとは思えないのは確かだ。たまたま同じ地にあり過去において征服された国の古典ものと解釈すればよいと思うが。

ほんの少し前まで日本の国旗を燃やす中国人ばかりが日本のマスコミで取り上げられた。あんな映像を観るとむしろ安心してしまうが、着々と日本を追い越そうと国家をあげて努力してるいろんな意味で脅威の国「中国」の姿をあまりとりあげない。だから科学技術予算を削ってしまう仕分け人がでてくるんだろうか?

>民間部門も入れると20兆円規模の債務不履行。

ほんとうか?

>現代の中国人は言葉そのものが違うので。 中国人が中国古典を読んでもまったく理解できない。

知らなかったよ

2009-11-27 00:35 URL  #- [内容変更] top↑
--
「日中韓北台の歴史や文化の事は俺に聞け!」(w。
わっはっはっは。

奴らの習性を調べまくってやったんだ。
もちろん絶滅させる方法を考えるためにだ!^^。

石平という日本に帰化した中国人の本によると。
毛沢東時代に中国古典の知識を持った人間はほぼ絶滅。
石平の祖父はそんな教養人の一人だった。
幸いにも祖父は死なずに助かった。
持っている知識を生涯隠し通したからだ。

当時の知識人は子供や孫にも知識を秘密にしていた。
なぜなら純粋な子供が親を密告する時代だったからだ。

実際、両親を密告し死刑にした子供がたくさん居た。
そんな子供は中共によって褒め称えられ。
各地の小学校に模範生として体験談を公演していた。

石平さんも子供時代に、そんな子供の体験談を聞いた。
そして子供心に感動したそうだ。
「この子は毛主席のために頑張った英雄なんだぁ~♪」と。

もちろん今の石平さんにとっては恐怖の出来事だ。
子供が親を売り殺害させる時代が実際にあったのだ。

石平の祖父は危険を犯して孫の平に古典を教えた。
「古典」だと判るように教えたら危険なので。
何も説明せず、漢字の勉強だと言いながら教えた。

子供の平はまったく意味が判らないまま。
論語などの古典漢詩を丸暗記させられた。
もちろん他人の前では絶対に喋るなと言われて・・・。

石平さんは子供時代に覚えた中国古典の詩を。
言葉として覚えたが、それが何なのかは知らなかった。

彼が日本に留学して、日本の本屋に入った時に始めて。
自らの知識が中国古典である事を知ったのだ!!。

現在、石平さん60歳前後・・・。
この典型的な文化大革命時代の中国人の話。
日本人には信じられない世界が最近まであったんだよ。

2009-11-27 15:54 URL ラージャ #- [内容変更] top↑
--
どうも中国政治文化は皇帝の出身地によって大きく違う。

北系の皇帝は主義主張を重んじ、大政治改革を夢みる。
苛烈で残酷な支配をした皇帝はほとんどが北系。

南系の皇帝は現実主義を重んじ、商業や芸術に走る。
宮廷で遊び呆けて国を財政破綻させた皇帝は南系。


ちなみに。
韓国は、中国の北系政治文化に影響され。
日本は、中国の南系政治文化に影響されたみたい。


農作業に適した地域かどうかで人間の性格も変わるみたい。
遊牧を前提にした生活か。
定住を前提にした生活か。
その違いが民族的な思考パターンを定義している。

よって中国の皇帝には北出身者が多い。
南出身の皇帝は少ない、南は戦争に弱かったから。
南の人たちは無理に戦争しなくても自然が豊かで暮らし易い。


日本には幸い四季があるので。
支配者の気質に極端さがない。
日本の北陸には短いが夏があるし。
同様に九州などにも厳しくはないが冬がある。
四季の移り変わり同様。
日本の支配者の考えも日によってコロコロ変わる。

でも中国では全然違う。
出身地域の思考パターンが色濃く出る。
さらに他の出身地域の連中を絶対に信じない。
危険を感じたら敵地域出身者を皆殺しにする。


2009-11-27 16:23 URL ラージャ #- [内容変更] top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。