スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
困ったことに

2010-03-28 02:44
私は、ある親睦団体の代表になった。決して怪しい団体ではない。むしろ日本の歴史や文化が感じられる団体だ。

しかし私はなりたくてなった訳ではない。

以前より前任者から依頼があり断わりきれない状況になってしまったというのが真実だ。

私は、この団体の行事等に関してはお手伝いはしていたけど、役員などを経験せずにいきなり代表になったので代表の業務の範囲や内容が全く解らない。

そこで引き受ける条件として前任者からの全面的な協力とサポートを約束を得ていたが・・・・・。

早速、行事があるんだけど困ったことが発生しだした。
前任者が、行事に関する情報を小出しにしか出さない。それももったいぶった様に教える。また聞いたことしか教えてくれない。そして私が知らない事については、彼は私に積極的に教えてはくれない。
だけど、回りの役員などには聞かれた事には全て教えていると報告している。確かにそうなんだけどね。

なぜそうなったのか?

彼は長く代表に就いていてついに任期が終了してしまった。彼は代表を辞めたくはなかった。いつまでも自分の存在を誇示したいのだろう。

彼が私を選んだ理由は、あまり反対する者がいないというのも理由の一つではあると思っているが、一番大きな理由は
彼自身の影響力を確保することが出来るからだと思っている。

私は解らないことだらけだ。最近、私は彼に対して苛立ちを覚えている。

彼に知りうる代表の業務をいち早く教えてもらう策はないのだろうかと思う。


日本語のこころ (文春文庫―ベスト・エッセイ集)日本語のこころ (文春文庫―ベスト・エッセイ集)
(2003/07)
日本エッセイスト・クラブ

商品詳細を見る


このシリーズは暇な時に良い。


ぼくらの頭脳の鍛え方 (文春新書)ぼくらの頭脳の鍛え方 (文春新書)
(2009/10/17)
立花 隆・佐藤 優

商品詳細を見る


この二人には賛否があると思う。私はこの二人の著書は見かけても手にしなかった。食わず嫌いになってると思い購入してみた。この本がジャーナリズムの本ではない事も理由の一つである。

スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<参ったよ。 | KONの投資などの日記 | 困ったもんだ>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。