スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
サボってました

2006-10-09 08:15

昨年から色々と忙しくてテニスの練習もあまり出来なくて、試合にもあまり出ていない状態が続いていましたが昨日は久しぶりにテニスの試合(ダブルス)にエントリーをしていました。今年なんと3試合目です。少な~い。
一番よく試合に出ていた時は、県、市内及び近隣の市の大会に年間25試合くらい出ておりました。シーズンは3月~11月くらいなので月3試合といったところでしょうか。仲間達と県内や時には県外への遠征は結構楽しい休日となりますが、最近私はめっきり少なっています。来年は県の大会にも復活して仲間達と練習量を増やして年間10試合程度は出てみようと思っています。

ところで本日の結果は・・・。試合途中なんと足の痙攣が少しおこり始め、あまり動けなくなり(一気に動くと痙攣します)大きくリードしてほぼ勝利を手中におさめていた試合を落としてしまいました。市内の大会なのでせめてベスト4には入りたかったのですが準々決勝で敗退してしまいました。悔しくてしかたがありませんが私にはテニスを続けるモチベーションを保つ上で悔しさが残る事が必要なんでむしろ喜んでいます。私の場合、練習ではあまり足の痙攣は起こらないのに調子のいい試合では結構起こります。試合と言う事もあり緊張感から足に少なからずいつもより少しだけ力が入っているのが原因だろうか?鍛えねば・・・来年は復活します。去年も言っていた様な・・・。

投資の話ですが、2、3年程前は資産バリュー銘柄のパフォーマンスは凄かったらしいのですが私は当時、情報誌を見て銘柄の選択(バカでしょ)をして多少増やした自己資産をテクニカルで一気に減少させた珍しい個人投資家でした。当時は資産バリュー銘柄に限らず何を買ってもそこそこのパフォーマンスは得られていたはずなのに・・・。私は何をどうしていたのだろうか? いまだに不思議でならない。この時期にまともな書籍を読みバリュー投資に目覚めていればとよく思ったものです。

私は当時テクニカル本を数冊読み「これだ」と膝を打った覚えがあります。バカヤロー。しかし、それから私はテクニカル本を読めば読むほど解らなくなりテクニカル分析とさよならしました。決してテクニカルが有効ではないと言っているのではありません。私には理解する能力が無いと言うだけです。むしろ過去を十分に検証した専業個人投資家には有効なのではないかと最近思ったりもします。私には本業の仕事があるしテクニカル分析は理解出来ないので今のところしようと思いません。

最近、優秀な個人投資家の方が起業され事業の一部として作成したシステムを販売しています。最近システムが流行りなんですね。今は改正されているかもしれませんがあのシステムの詳細の文面はいかがなものかと思うのはわたしだけでしょうか?優秀な方達だけに残念です。そのシステムがどの様なものか解りませんが購入された個人投資家さんは自分自身で検証して又修正して銘柄選択をしているのだろうか?少なくともシステムの検証修正はしていますよね?

最近、機械的な定量分析によるバリューな銘柄の選択(特に資産バリュー)購入にあまり興味が沸かなくなりました。たとえば自己資本比率の高さに何の意味があるのだろうかと思ったりします(低すぎるのは別として)。
確かに解散価値が高いのは良い事だとは思うけど要は高さの理由が重要な訳で高さが重要な訳ではない。優秀な個人投資家さんの中には、個人投資家には定量分析による投資法しか生き残れないのではないかと言った見方をする方もいるようです。はたしてそうなの? そういう私も数多くの指標を探ってお腹いっぱいの状態です。個人投資家の中にも定性分析を軸にして投資をして成功されている方もいるようですが。あまり企業分析の時間を取れない方達のためを思っての言葉なのでしょうか。過去にアメリカで資産バリュー銘柄の暴落がありました。何年だっけ、確か「敗者のゲーム」の中に書かれていた様な???違ったかな?定量分析による資産バリュー銘柄が底堅いといった考え方は、一般的に正論ではあると思うけど、確かなものではない(確かなものはないが)。これだけ個人投資家が増え資産バリュー銘柄選択が2,3年前に比べて注目されている中でむしろなぜ割安なんだろうと考えなくてはならず、結局のところ定性分析が必要となるのではないかと思います。したかって機械的な定量分析だけによる分散投資さてたポートフォリオは私にとってはなにか味気ないものであり興味も薄れる訳です。しかし投資とはむしろその様なものであり味気ない銘柄群や地味な銘柄群によるポートフォリオこそ個人投資家が目指さなくてはならないのであると叱られそうです。ただ資産バリューによる投資のパフォーマンスは今後どの程度なのか?以前程ではないような気がします。気がするだけです。私の場合は自分自身の興味ある銘柄やお気に入りの銘柄への投資を行っています。
それでパフォーマンスが悪ければ納得できますからね。

事実悪いんですが・・・。

看板を変えなくてはならないかな~。

スポンサーサイト
別窓 | 投資 | コメント:0 | トラックバック:2 | top↑
<<オフ会 | KONの投資などの日記 | ゴミを捨てよう>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • ドル円は堅調な動きを続けています。 テクニカル分析の定石ですが、ブレイクしたテクニカルポイントは、今度はサポートとして機能します。 どういうメカニズムかというと、下の図のとおりです。
    ドル円は堅調な動きを続けています。 テクニカル分析の定石ですが、ブレイクしたテクニカルポイントは、今度はサポートとして機能します。 どういうメカニズムかというと、下の図のとおりです。
    | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。