スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
リスクと企業価値(追加)

2006-04-29 09:25

今日はリスクと企業価値算定について非常~に簡単に思う所を。
最近の私はリスクをあまり考えずに投資を行っている事に気が付きました。今の時期に・・・。皆さんはリスクについてどの様に理解されていますか?
リスクの定義そのものにも投資家それぞれに解釈の違いがある様です。一般的には、「不確実性」と定義されています。マーケット・リスクを測る指標としては、標準偏差、ダウン・サイド・リスク、VaRなどがあります.私などは全くと言っていいほどに普段思い起こす事もありません。それは指標を測る蓄積された確かな情報が私には得られないからかも知れません。せいぜい該当銘柄の信用リスク、法的なリスクを少し考えてみる程度です。反省
上記のマーケット・リスクを測るための良い情報をお持ちの方はコメントお願い致します。宜しく。

次に企業価値算定についてですが、角山 智さんがショートコラムで良い事を書かれていました。→ここ
私は以前にも書きましたが個人投資家が企業価値を算定する場合にDCF法を採用されている方がいますが、私にはDCF法により企業価値を算定しそれを投資に利用する事はしていません。理由は、算定する自信が無いからです。私が怠け者体質であると言う事もおおいに影響していますが・・・。

DCF法については、森生 明氏が著書の中でこれが正しい値段ですと言い切るのには、勇気がいると述べています。
その理由は
①収益予想をどう作成するか②どれほど長い期間の予想をするか③その収益予想期間以降の事業価値をどう置くか④ディスカウント・レートをどう想定するか   

以上によって現在価値が大きくぶれるからであり、それぞれの点について正解はないからである。価格算定をする人の主観的判断が入り込む余地がかなり多い算定方式だと言わざるを得ない。と述べています。そしてDCF法を修正したり他の方法との合わせ技を行うべきと述べています。私は特にディスカウント・レートについては予想も出来ません。難しい
私には企業価値を算定する最良の方法は分かりませんが、そうだからと言って何時までも考えてばかりも居られません。私はより簡単な方法を取っていますが、いずれにしても企業価値を算定するには、どの様な方法を取るにしても情報と経験が必要なんでしょうね~。ただM&Aを行う場合の企業価値の金額と、我々の様な個人投資家が投資を行う場合の企業価値の金額は当然違うと私は思っています。それはM&Aの場合と個人投資家の投資とは目的が違うからです。(目的とは企業支配、キャピタルゲイン、インカムゲインなどです)

現実問題として私が企業価値を算定しあれこれ修正してそれを基にして投資を行った場合は高パフォーマンスを得られているかと言うと実は低パフォーマンスなんです。(^^;  以外と定性的に何となくいいかな?と思って買った方がパフォーマンスが良いのには複雑な思いが致します。

投資をまじめに考えるの石坂さんにリンクして頂きました。光栄です。石坂さんのサイトはボリュームがありレベルが高いです。

スポンサーサイト
別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<最近・・・。 | KONの投資などの日記 | 勝者と敗者(追加)>>
コメント
--
株の下落リスクは、2001年から2003年にすでに十分経験させていただきました。「辛抱する木に金が成る。」で辛抱を覚えてからはリスクをチャンスに変えることが出来るようになりました。
今年もライブドアショックのおかげで利益をあげる事ができました。
(他の事情で急落してもその会社に変化はないからです。)
また急落を虎視眈々と待っています。
相場は心理状態がすべてだと思います。
自分の好きな銘柄に投資したらいいですよ。
好きな銘柄なら下がっても気に成りません。(むしろチャンスです。)
上がると少し未練がありますがキチンと利食いもしてます。
あまり専門的な分析は、逆にパフォーマンスを悪くするかもしれませんね。
(必ずしもそれを多くの人が分析するかどうかわからない。株は美人投票ですから。)
KONさん今年のパフォーマンスはどうですか?
私は、昨年並みのペースですね。
2006-04-29 21:19 URL pppsexy #79D/WHSg [内容変更] top↑
--
確かに投資は美人投票の一面もあります。多数の人が美人と思っている人を人より早く探すのは結構大変です。今年(平成18年度)のパフォーマンスは少しマイナスです。私はライブドアショックと言う絶好のチャンスにおいて底値を見誤りました。(^^;
>あまり専門的な分析は、逆にパフォーマンスを悪くするかもしれませんね。
確かにその通りかもしてません。私は怠け者なので専門的分析はあまりしておりません。(^O^)  
>相場は心理状態がすべてだと思います。
仰る通りだと思います。特に下落時の対応は銘柄の選択以上に重要と言っても良いと思います。
2006-04-30 07:45 URL kon #79D/WHSg [内容変更] top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。