スポンサーサイト

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
勝者と敗者(追加)

2006-04-22 07:46

久しぶりの更新です。
最近の私は4,5月を乗り切ることの出来る長期投資銘柄が調査能力不足により少ないために一部の投資銘柄の売却をしてポジションを少し下げている途中です。しかし当初の予定より少し遅くなりパフォーマンスが少し落ちてしまいました。欲をかきました。

話が変わりますが、ある本で株式投資で成功するには、安値で買い高値で売るこれだけである、と言う事が書かれていました。当たり前ですけど。
表現の方法は色々ありますが買値より高く売れば利益を得る事ができるという訳です。納得・・・。しかし大部分の個人投資家は、良い材料に飛びついて買い、そして悪い材料や連られて下げたのを見て慌てて売りその結果損失を積み重ねて(薄利も多少あるでしょうが)投資元本を減少させていきます。つまり「買値より安く売る」と言うこの行為によりいつの間にか市場から去って行くそうです。

勝者は「買値より高く売る」、敗者は「買値より安く売る」と言う事らしいです。殆んどの個人投資家は買値より安く売ります。つまり買値より高く売るのは難しいという事です。私も難しく感じます (^^; 

注) ここでの「買値より高く売る」とは薄利での売却の事ではありません。

結論 自分自身で調査した自信のある銘柄を安値で購入しましょう。殆んどの個人投資家は当たり前の事が出来ていないという事です。 反省

テニス行ってきます。

スポンサーサイト
別窓 | 投資についてあれこれ | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<リスクと企業価値(追加) | KONの投資などの日記 | 日経マネーの投資力検定>>
コメント
--
結論は、そうでしょう。自分の信じた銘柄を買って持続でしょう。
株価の上がり下がりをあまり気にしていると体に悪いですよ。
上がりすぎると売り、下がりすぎると買い増し。
自分の銘柄の苦しい時(株価が安いとき)をしっかり応援したいですね。
2006-04-22 20:20 URL pppsexy #79D/WHSg [内容変更] top↑
--
pppsexy さん
同感です。ですが殆んどの個人投資家は逆をしてしまい市場から去っていきます。上昇トレンドの時はいいのですが・・・。
2006-04-22 23:14 URL KON #79D/WHSg [内容変更] top↑
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | KONの投資などの日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。